2014年12月09日

作業を進めた一日(CLACLA日記)

 青空は見えつつも、どんよりとした感じもするお天気。
 小雨も降る。

 日中は若干気温が上昇したものの、朝晩の冷え込みがとても厳しく激しい。
 皆さん、くれぐれも風邪やインフルエンザにはお気をつけくださいね。


 昨日は、日本軍による真珠湾攻撃(太平洋戦争の開戦)から73年目の日だった。

>(前略)1940年から42年にかけて、わが国は世を挙げてあたかも一大癲狂院と化しつつあるの観があった。
 そこに生起するいっさいは、私の眼には、尊大と愚昧と軽信との烙印を捺された、気負い立った牡牛の、とめどもない仮装行列のようにしか映じなかった<
(林達夫の『歴史の暮方』<中公文庫>から序より)


 朝日新聞夕刊によると、ウィーンで開催された「核兵器の人道的影響に関する国際会議」中、日本の佐野利男軍縮大使が、議長総括で確認された「核兵器の爆発時には国際社会が対応できないほどの悲惨な結果を招く」という見解について、「人道支援を提供するための能力を築き上げないといけない」「もう少し前向きな面から見てほしい」と求めたという。
 さらに、取材に対して、「(対応できないと)あきらめるのではなく、国や国際機関が(被害者の)救出の研究をすべきではないのか、という意味。安保理決議でも『助けていこう』ということになっている」と説明したとも報じられている。
 って、そもそも核兵器の使用自体を禁じること大前提ではないのか。
 なんともかとも。


 昨夜、4時半過ぎまで仕事関係の作業を進める。


 午前午後と、ABCラジオの『とことん全力投球!!妹尾和夫です』や、モザイク・カルテットが演奏したモーツァルトの弦楽4重奏曲第17番「狩」&第16番<Astree>、フォルテピアノのメルヴィン・タンとニコラウス・マッギガン指揮フィルハーモニア・バロック管弦楽団が演奏した同じくモーツァルトのピアノ協奏曲第19番&第18番<ハルモニアムンディ・フランス>、フォルテピアノのトゥイヤ・ハッキラが弾いた同じくモーツァルトのピアノ・ソナタ第4番、第10番、第13番<FINLANDIA>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、新しい作品について考えたり、『ゆかいなどろぼうたち』の台本を読んだりする。


 塩田武士の『盤上に散る』<講談社>を読了する。
 ああ、面白かった!

 続けて、津村記久子の『やりたいことは二度寝だけ』<同>を読み始める。
 日経新聞夕刊の連載をはじめ、著者のエッセイをまとめた一冊である。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 夕飯後、アンドリュー・デイヴィス指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏した管弦楽名曲集『マドンナの宝石』<東芝EMI>と飯森範親指揮チェコ・フィル室内管弦楽団が演奏した管弦楽名曲集『チェコ・フィル プロムナード・コンサート』<ポニー・キャニオン>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『三人姉妹』を読み直したり、『やりたいことは二度寝だけ』を読み進めたりする。


 今日は、ユーラクのクリスプサンダー・Wナッツレボリューションを食す。
 壬生のローソンストア100で、税込み32円だったもの。
 ごちそうさま!
 アーモンドとピーナッツ、コーンパフをコーティングしたチョコバーで、まあまあ美味しうございました。
 我慢我慢。


 うんざりするような状況だが、ただただうんざりしていても仕方がない。
 諦めることは手を貸すことだ。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック