2014年12月05日

月亭太遊の○○落語研究会G

☆月亭太遊の○○落語研究会G

(2014年12月5日19時開演/祇園花月)


 毎週月曜夜のネオラクゴ・フロンティア(錦湯)でもおなじみ月亭太遊さんが、さらに新たな企画を立ち上げた。
 祇園花月を舞台に若手漫才師たちが落語にチャレンジするという企画がそれで、その名も『月亭太遊の○○落語会』。
 タナからイケダの田邊猛徳と池田周平、ゆりやんレトリィバァ(ぴんの女性芸人)、アインシュタインの種田直樹、祇園の木崎太郎、コーンスターチの岡下雅典、ファミリーレストランの原田良也、プリマ旦那の野村尚平といった面々が、○○の部分にそれぞれの言葉(例えば、「稲田」落語であるとか、「器用」落語とか)を当てはめて、その言葉に相応しい落語を披露していたのだけれど、いやあこれはとても興味深く面白い企画だった。
 いわゆる「落語」という枠組みを党是ならぬ笑是とする向きには、いろいろと言いたいこともあるのかもしれないが、自分の特性魅力、得意なネタをしっかり心得て、彼彼女ならではの落語、笑いをしっかり生み出していたことも確かだ。
 さすがは、日々板の上で鍛えられているだけはあるなあと感心し、それより何より笑った笑った。
 それと、各々のファンと思しき若い女性が集っていたことも忘れてはならないと思う。
(そうそう、「くろと」らしい女性とお客さんらしい男性がちらほら見受けられたのも、祇園花月という場所柄らしいなと感じた)
 太遊さんの「ネオ」ラクゴや盟友桂三河さんの「普通」落語はもちろんのこと、途中大喜利もあるなど盛りだくさんの内容で、大いに愉しめた。

 ああ、面白かった!
posted by figarok492na at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 落語・ネオ落語記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もとても聞きたかった会でした(こちらは、繁昌亭で踊っておりました(^。^))
◯◯落語研究会は、今はなきワッハ上方の上方亭等で継続していた、いわば、太遊さんのライフワークみたいな会で、私も何回か、勉強に行かせて頂きましたが、ホンマ、芸人さんの器用さとか、発想力とか凄いなー、と思いました。
特に女性芸人さんは、落語という概念がないためか、こんな表現方法があるか!と感心したり、自分でも取り込もうと思ったり…。

というわけで、ブログを読ませて頂けて良かったです。いや〜、しかし、聞きたかったなぁ。
Posted by 天使 at 2014年12月06日 00:30
 天使さん、コメントいただいていたのに、気づくのが遅れてしまい本当に申し訳ありませんでした。

 なるほど、○○落語研究会にはそんな歴史があったんですね。
 お教えいただき誠にありがとうございます。
 漫才やピンの方の自分なりの落語に、目を見張らされました。
 こういった企画、今後も続けていただければなあと思います。

 そうそう、またぜひ天使さんの落語お聴きできればと思っています!

 こちらこそ、ありがとうございました。
 そして、重ねて申し訳ありませんでした。
Posted by figaro at 2015年01月21日 02:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック