2014年12月02日

『鳥の日記』の最終稿を完成させた(CLACLA日記)

 ばたばたしているうちに、今年ももう12月。
 2014年も、残すところ一ヶ月を切った。
 一日一日を大切にして、為したいことを為し、為すべきことを為していきたい。
 そして、死を忘れないこと。


 衆議院選挙が公示された。
 諦めることは手を貸すことだ。
 八百長猿芝居や目先鼻先口先舌先の言葉にだまされることなく、最善の選択を行いたい。


 青空の見えるお天気となる。

 気温がぐぐぐぐぐっと下がり、寒さがとても厳しく激しい。
 皆さん、くれぐれも風邪やインフルエンザにはお気をつけくださいね。


 明け方5時過ぎまで、仕事関係の作業を進める。


 午前午後と、ABCラジオの『とことん全力投球!!妹尾和夫です』、アルテミス・カルテットが演奏したベートーヴェンの弦楽4重奏曲第11番「セリオーソ」&第7番「ラズモフスキー第1番」<Virgin>、ダニエル・ハーディング指揮ドイツ・カンマーフィルが演奏した同じくベートーヴェンの序曲集<同>、ピアノのイエフィム・ブロンフマンとデヴィッド・ジンマン指揮チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団が演奏した同じくベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番&第2番<ARTE NOVA>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『鳥の日記』の打ち直しを行ったりする。


 田中伸尚の『未完の戦時下抵抗』<岩波書店>を読了する。
 日中戦争から太平洋戦争の戦時下、各々のあり方で抵抗を行った細川嘉六、鈴木弼美、浅見仙作、竹中彰元、浪江虔の姿を克明に追った一冊。
 今だからこそ読んでおくべき内容だったと思う。
 同じような立場に立たされて、果たして自分は如何なる選択を為せるだろうか。
 そのことを深く考えた。


 続けて、高三啓輔の『字幕の名工』<白水社>を読み始める。
 「秘田余四郎とフランス映画」と副題にもある通り、フランス映画を中心とした映画字幕の作り手であり、小説家としても活躍した秘田余四郎(姫田嘉男)の生涯を追った一冊。


 夕方になって外出し、近くのプラージュへ。
 髪をささっと刈ってもらう。
 ああ、すっきりした!

 その後、夕飯用の買い物をすませて帰宅する。


 途中夕飯を挟み、ABCラジオの『堀江政生のほりナビ!!』を聴く(途中まで)。

 続けて、ラルキブデッリ他が演奏したベートーヴェンの6重奏曲他<SONY>、フォルテピアノのメルヴィン・タンが弾いた同じくベートーヴェンのピアノ・ソナタ第1番〜第3番<EMI>を聴く。


 夕飯後、『鳥の日記』の最終稿を完成させる。
 原稿用紙に換算して、227枚。
 なんとか仕上げることができた。


 『字幕の名工』を読み進める。


 今日は、ユーラクのクリスプサンダー・Wナッツレボリューションを食す。
 壬生のローソンストア100で、税込み32円だったもの。
 アーモンドとピーナッツ、コーンパフが入ったチョコバーで、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 首、肩、背中のこりがひどい。
 やれやれ。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック