2014年11月25日

三連休最終日 NF祭とネオラクゴを堪能した(深夜のCLACLA)

 世は三連休最終日。


 晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。
 が、深夜雨が降り出す。

 日中は気温が上昇し、穏やかな感じの一日となる。
 その分寒暖の差が激しいので、皆さんくれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。


 昨夜、窪島誠一郎の『父水上勉』<白水社>を読了し、同じく窪島さんの『母ふたり』<同>を読み始める。
 『母ふたり』は、窪島さんの育ての母と実の母の二人の母親について綴った一冊である。

 その後、NHK・FMでラジオ深夜便(1時台は、奥田佳道の『クラシックの遺伝子』。モーツァルトの特集だった)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 午前中、『鳥の日記』の筆入れと打ち直しを進める。


 12時台に外出し、自転車で京都大学へ。
 吉田南キャンパスで元祖「  」本家と、コントユニット左京区ダバダバNF公演『京大マーガレット研究会〜総長暗殺大作戦〜』(寺岡慎一郎君作・演出)を続けて観る。
 詳しくは、それぞれの観劇記録をご参照のほど。
 ああ、面白かった!

 開演前、入れ替え中、終演後と、関係各氏と話をする。


 その後、仕事関係の用件を片付けたのち、錦湯へ。
 月亭太遊さんのネタ降ろし落語会、ネオラクゴ・フロンティアsection7+8を観聴きする。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。


 終了後もいろいろとあって、帰宅が遅くなる。


 以上、11月24日の日記。


 今日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック