2014年11月11日

『鳥の日記』をプリントアウトし、筆入れを始めた(CLACLA日記)

 晴天が続く。

 日中は穏やかな感じ。
 寒暖の差が激しいので、皆さんくれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。


 安倍首相が衆議院の解散・総選挙を検討し始めたと報じられている。
 いくら政略とはいえ、ついこの前まで解散・総選挙はないと大見得を切っていたではないか。
 記者会見では、解散・総選挙については明言していないと応じているが、どうにも信用がならない。


 昨夜、KBS京都で赤い公園のオールナイトニッポンRを聴いたりしながら、4時半まで仕事関係の作業を進める。
 赤い公園のオールナイトニッポンRを聴いたのは、aikoがゲストだったため。
 てか、aikoのオールナイトニッポンを復活して欲しい、本当に。


 朝早めに起きて仕事関係の作業を進めたのち外出し、仕事関係の予定をすませる。
 その後、ヨドバシカメラでプリンターのインクカートリッジを購入したりもする。


 帰宅後、ABCラジオの『とことん全力投球!!妹尾和夫です』や、フォルテピアノの小島芳子が弾いたベートーヴェンのピアノ・ソナタ第8番「悲愴」&第1番他、バロック・ヴァイオリンの寺神戸亮とフォルテピアノのボヤン・ヴォデニチャロフが弾いた同じくベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第5番「春」、第1番、第3番<ともにDENON>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『鳥の日記』をプリントアウトしたりする。
 『鳥の日記』のA4用紙79枚分は、やはりけっこうな量だ。


 その後、仕事関係の予定をすませる。


 仲代達矢の『未完。』<角川書店>を読了する。
 仲代達矢という役者の圧倒的な存在感とストイックさ、そしてときに垣間見える虚ろさといったものがどこから生まれて来たのかを知ることができる一冊。
 自らを「未完」であると断じ、自らを追い込む姿には頭が下がる。
(なお、本書は仲代達矢の言葉を長昭彦が文章としてまとめたものである)

 続けて、矢野誠一の『劇場経由酒場行き』<幻戯書房>を読み始める。


 夕方になって再び外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 夕飯後、サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルが演奏したブラームスのピアノ4重奏曲第1番(シェーンベルク編曲)<EMI>、ベルリン・フィル8重奏団が演奏した同じくブラームスの弦楽5重奏曲第1番&第2番<PHILIPS>、ジョン・ウィリアムズ指揮ボストン・ポップスが演奏した自作自演ベスト・アルバム<同>を聴いたりしながら、『鳥の日記』の筆入れを行ったり、『劇場経由酒場行き』を読み始める。
 『鳥の日記』の筆入れは、当然のことながら丁寧に行っていかなければ。
 『劇場経由酒場行き』は、酒やお芝居、演劇人等について矢野誠一が著した雑文短文をまとめたもの。
 面白し。


 今日はローソンの、こだわりダブルシューを食す。
 壬生のローソンストア100で、50円引きだったもの。
 ホイップとカスタードのダブルクリームが入ったシュークリームで、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 何度でも記すが、愚か者を支持し許容し黙認する者こそ一番の愚か者だ。
 愚か者にはなりたくない!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック