2014年11月09日

ベルリンの壁崩壊から25年 種村直樹が亡くなった(CLACLA日記)

 雨降り。
 どんよりとしたお天気の一日。

 じめじめじめじめとして、全く快ならず。
 気圧と湿度のWパンチで、心身ともに芳しからず。


 ベルリンの壁崩壊から25年が経った。
 そして、今日は1938年にドイツで反ユダヤ人的な暴動、いわゆる「水晶の夜」が起こった日でもある。
 いろいろと考えることあり。


 レイルウェイ・ライターの種村直樹が亡くなった。78歳。
 毎日新聞の記者を経て、フリーのライターとなり、日本各地の鉄道を乗り継ぎながら、数々の著書をものした。
 てっちゃん時代の小学校高学年頃は、種村さんや宮脇俊三の著書をむさぼり読んで、「国鉄」、さらには日本の鉄道全線乗車を夢見たものだった。
 深く、深く、深く黙祷。


 朝日新聞朝刊・読書欄の赤川学著『明治の「性典」を作った男 謎の医学者・千葉繁を追う』<筑摩選書>の書評で、本郷和人が冒頭、「千葉繁といっても、あの高名なアニメの声優ではない」と記しているのに笑った。
 本郷さんは1960年生まれ、アニメ『うる星やつら』世代か。


 昨夜、KBS京都でオードリーのオールナイトニッポンを聴いたりしながら、4時近くまで仕事関係の作業を進めたり、『鳥の日記』の手直しを行ったりする。


 朝早く目が醒めて仕事関係の作業を進めたのち、二度寝。
 13時頃に起きる。
 やれやれ。


 NHK・FMの『きらクラ!』や、ジョルジュ・ペトルー指揮アルモニア・アテネアが演奏したベートーヴェンのバレエ音楽『プロメテウスの創造物』全曲<DECCA>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『鳥の日記』の手直しを行って第2稿を完成させたり、他の作品の読み直しを行ったり、東直子の『トマト・ケチャップ・ス』<講談社>を読み進めたりする。
 『トマト・ケチャップ・ス』は、漫才トリオを結成した高校生女子三人とその周囲の人々の姿を描いた連作集。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『ブラボー!オーケストラ』を聴く。
 ベルトラン・ド・ビリー指揮東京フィルが演奏したベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」と、小林研一郎指揮東京フィルが演奏したマスカーニの歌劇『カヴァレリア・ルスティカーナ』間奏曲のライヴ録音を聴く。
 ド・ビリーのエロイカ・シンフォニーは、ウィーン放送交響楽団とのCD録音にも通じる快活明解な音楽づくりで、現代のモダン楽器オーケストラによる典型的な演奏。
 だれることなく全曲を聴き通すことができた。
 で、コバケンさんの『カヴァレリア・ルスティカーナ』間奏曲といえば、今から30年近く前の1987年2月13日に長崎市民会館文化ホールで開催された日本フィルの長崎公演のアンコールで聴いたことがあったんだった。
 あのころのコバケンさんは、まだ炎のなんとかといった扱われ方をされる前の「普通」の指揮者だったんだよなあ。


 しばらく間を置いて、ジョン・エリオット・ガーディナー指揮イングリッシュ・バロック・ソロイスツが演奏したモーツァルトのピアノ協奏曲第25番&第26番「戴冠式」(マルコム・ビルソンのフォルテピアノ独奏)<ARCHIV>、交響曲第33番と第36番「リンツ」<ともにPHILIPS>を聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、『魔王』(以前書いた小説)に加筆したりする。


 『トマト・ケチャップ・ス』を読了する。
 ああ、面白かった!


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック