2014年10月07日

『ナインティナインの上京物語』を読了した(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。

 日中も、あまり気温は上昇せず。
 朝夕は、寒さが増す。
 皆さん、くれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。


 大きな声に流されたくはないと思う今日この頃。


 明け方5時まで、WGBH音源でアンドリス・ネルソンス指揮ボストン交響楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第8番とバルトークの『中国の不思議な役人』組曲のライヴ録音(2014年10月3日、ボストン・シンフォニーホール)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 激しく昼寝坊。
 13時過ぎに起きる。
 ああ。


 WGBH音源でネルソンス指揮ボストン交響楽団が演奏したチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」(同)、youtube音源でフィリップ・ヘレヴェッヘ指揮hr交響楽団が演奏したブラームスの交響曲第3番(2013年10月25日、フランクフルト・アルテ・オーパー)のライヴ録音、ピアノのエマニュエル・アックス、ヴァイオリンのアイザック・スターン、ヴィオラのハイメ・ラレード、チェロのヨーヨー・マが演奏したベートーヴェンのピアノ4重奏曲<SONY>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『鳥の日記』を書き進めたりする。


 黒澤裕美の『ナインティナインの上京物語』<大和書房>を読了する。
 ナインティナインのオールナイトニッポンのヘヴィリスナーならばおなじみ、ナイナイが東京進出してから一年とちょっと、彼らのマネージャー(もともとは吉本のポスターやパンフレットのデザインを行う取引先のスタッフだったのが、たまたまナイナイをはじめとした「吉本印天然素材」6組のマネージャーとなり、さらにはナイナイとともに東京へ移ることとなった)として二人の活動を支えた著者が、その頃のエピソードなどを綴った一冊。
 著者の二人に対する親愛の情がストレートに伝わってきた。
 また、黒澤さんと岡村隆史、矢部浩之、それぞれとの対談も貴重だ。
 ああ、面白かった!


 続けて、西村賢太の『一私小説家の独語』<角川書店>を読み始める。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、マルク・ミンコフスキ指揮ヴェルビエ・フェスティヴァル室内管弦楽団のコンサートのライヴ録音(2012年8月4日)を聴く。
 ヴァイルの交響曲第2番、ロランド・ヴィリャソンの独唱によるモーツァルトのアリア、ベートーヴェンの交響曲第8番が演奏されていた。
 ヴィリャソンの感情たっぷりな歌いぶりもあって、なんともヴェリスモ・オペラのようなモーツァルトだった。


 続けて、アックス他が演奏したシューマンのピアノ4重奏曲<SONY>、Radio4音源でトーマス・ヘンゲルブロック指揮ハンブルクNDR交響楽団が演奏したブラームスの交響曲第4番(2014年10月4日、アムステルダム・コンセルトヘボウ大ホール)、DR音源でヴァシリー・ペトレンコ指揮デンマーク国立交響楽団が演奏したヴォーン=ウィリアムズの『すずめばち』序曲(2014年9月25日)のライヴ録音を聴く。


 夕飯後、『鳥の日記』を書き進めたり、『一私小説家の独語』を読み進めたりする。
 『鳥の日記』は、原稿用紙に換算して99枚分になった。


 今日は、山崎製パンの吹雪まん(つぶあん)を食す。
 近くのグルメシティで、税込み64円に値引きされていたもの。
 粒あんたっぷりのお饅頭で、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック