2014年08月31日

今日で8月も終わり(CLACLA日記)

 今日で8月も終わり。
 今年も残すところ4ヶ月となる。
 一日一日を大切にして、本当に為したいこと為すべきことを為していかなければ。
 そして、死を忘れないこと。


 どんよりとしたお天気。

 基本的に気温は下がっているものの、湿度の関係かむしっとした感じがして、あまり快ならず。
 気圧と湿度の魔の手が、昨日捻った腰にずしっと襲いかかる。


 安倍首相が京都を訪れていた。
 なんだか騒々しいと思ったら。


 昨夜、吉田修一の『愛に乱暴』<新潮社>を読了する。
 ああ、面白かった!

 その後、シカゴ交響楽団音源でエド・デ・ワールト指揮シカゴ交響楽団が演奏したモーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」&ブラームスの交響曲第4番(2013年1月、シカゴ・オーケストラ・ホール)、Radio4音源でウラディーミル・ユロフスキ指揮ロンドン・フィル他が演奏したエネスコの交響曲第2番(2013年9月14日、ブカレスト・グランドパレス・ホール)のライヴ録音を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『カルタ遊び その8』をアップしたりする。
 デ・ワールトのモーツァルトとブラームスは、至極オーソドックスな演奏。
 エネスコの交響曲は、作曲家の母国ルーマニアだからこそのプログラミングだろう。
 作品そのものはあまり好みでなかったけれど、こうして演奏に接することができたのはよかった。


 午前午後と、Radio4音源でヤニク・ネゼ=セガン指揮ロッテルダム・フィルが演奏したマーラーの交響曲第6番「悲劇的」(2014年8月19日、アムステルダム・コンセルトヘボウ)や、NHK・FMの『きらクラ!』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、8月の創作活動についてまとめたり、京都学生演劇祭の観劇レビューの準備をしたりする。
 ほかに、岩城宏之の『指揮のおけいこ』<文春文庫>の拾い読みもした。


 16時少し前に外出し、歩いて木屋町通の元・立誠小学校へ。
 音楽室で京都学生演劇祭のCブロックの上演を観る。
 詳しくは、これから団体ごとにアップする予定ですので、そちらをご参照のほど。

 開演前や休憩中、終演後に、関係各氏と話しをしたり挨拶をしたりする。

 で、仕事関係の用件を片づけ、夕飯用の買い物をすませて、21時少し前に帰宅した。


 遅めの夕飯後、ジョン・エリオット・ガーディナー指揮イングリッシュ・バロック・ソロイスツが演奏したモーツァルトの交響曲第36番「リンツ」<PHILIPS>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、観劇記録の準備をしたりする。


 明日がいい日でありますように!
 そして、来月がいい月でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック