2014年08月29日

柳川 第25回公演『奥さん、柳川がまたおかしなもの作ったらしいわよ』

☆柳川 第25回公演『奥さん、柳川がまたおかしなもの作ったらしいわよ』

 作・演出:津野允
(2014年8月28日19時開演/アトリエ劇研)

 あいつらが戻って来た!
 って、何度戻って来とんねん、もう戻って来んでええわ!!

 とは、昔懐かし『特攻野郎Aチーム』の日曜洋画劇場での放映に対する至極真っ当な突っ込みだけれど、これが

 柳川が戻って来た!

 となれば、全く話は別だ。

 途中、オムニバス集の『昔、柳川がいた』(2011年10月30日、アトリエ劇研)は観たものの、本格的な公演は第21回の『フランケンシュタイン』(2010年2月21日、同)以来となる、柳川の第25回公演が行われるというのだから、これはもちろん観逃すことはできない。
 その名もずばり『奥さん、柳川がまたおかしなもの作ったらしいわよ』。
 野球のピッチングでいえば、超速球速球、ストライクとボールきわきわのゾーンから暴投気味のボール、はてはフェンス直撃の大暴投とあの手この手。
 バーバル・ギャグに体技、べたなネタから時代ずらしネタ、演劇ネタ。
 だれ場退屈場もあえて辞さない、「笑わば笑え」の確信犯的な舞台が繰り広げられていた。
 それでいて、徹頭徹尾己の道を進む真摯さや含羞の念、切なさおかかなしさを伴った余韻が残るのも、柳川らしいところだろう。
 初日ということで、まだ固まりきれていない部分もあったりはしたが、それが巧く笑いにつながっていたことも事実だ。

 おなじみ浦島史生、津野允に加え、伊藤隆裕、合田団地、佐々木峻一、永榮紘実、廣瀬信輔、松野香澄、そしてあの伝説の帝釈天アニーと、演者陣に個性豊かな顔触れが揃った。
 今夜はサプライズライヴ付きで、渋い選曲ともども嬉しいかぎり。

 31日までの公演。
 よろしければぜひ!
 そして、柳川の次回の公演を心待ちにしたい。
 何度でも戻って来い!!
posted by figarok492na at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック