2014年08月12日

ロビン・ウィリアムズが亡くなった 日航機墜落から29年(CLACLA日記)

 アメリカの俳優、ロビン・ウィリアムズが亡くなった。63歳。
 はじめスタンダップ・コメディアンとして人気を博し(ジュリアード音楽院などで専門に演技を学んでいたが)、その後テレビ、映画と活動の幅を拡げていった。
 『ガープの世界』、『ハドソン河のモスコー』(ロビン・ウィリアムズ初期の傑作だが、日本では劇場未公開)、『グッドモーニング,ベトナム』、『いまを生きる』、『レナードの朝』、『フィッシャー・キング』、『フック』、『ミセス・ダウト』、『バードケージ』、『グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち』、『パッチアダムス トゥルー・ストーリー』等々、数多くの作品に出演した。
 一時薬物やアルコール依存で苦しみ、最近もうつ状態にあり、自殺とも報じられている。
 深く、深く、深く、深く黙祷。


 日航ジャンボ機の墜落事故(乗客乗員520人が亡くなられた)から、29年が経った。
 犠牲となられた全ての方々に、深く、深く、深く、深く、深く黙祷。

 昨夜、たまたま坂本九ちゃんの『上を向いて歩こう』を歌ったんだった。
 哀しい。


 昨夜、Radio4でフォーレ・カルテットが演奏したリヒャルト・シュトラウスのピアノ4重奏曲、ブラームスのピアノ4重奏曲第1番、シューマンのピアノ4重奏曲から第3楽章のライヴ録音(2014年5月10日、アムステルダム・コンセルトヘボウ)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。
 フォーレ・カルテットは、以前実演に接したことがあるが、そのときと同様、多少の傷はなんのその、活き活きとしてスリリングな演奏を披歴している。
 リヒャルト・シュトラウスも、ぜひ生で聴いてみたい。


 午前午後と、Radio4でヴァシリー・ペトレンコ指揮ヨーロッパ連合ユースオーケストラが演奏したショスタコーヴィチの交響曲第4番のライヴ録音(2014年8月5日、ロンドン ロイヤル・アルバート・ホール、プロムス)や、ヴァイオリンのアレクサンドル・ダ・コスタとマルツィオ・コンツィ指揮オビエド・フィルが演奏したサン・サーンスのヴァイオリン協奏曲第3番&交響曲第3番「オルガン付き」他<WARNER>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『深雪またなん』の筆入れを行ったり、野口武彦の『幕末明治不平士族ものがたり』<草思社>を読み進めたりする。
 ショスタコーヴィチの交響曲第4番は一筋縄ではいかない大曲だけれど、ペトレンコは若いオーケストラをよくコントロールして間然としない演奏に仕上げている。


 夕方になって外出し、かかりつけの病院へ行き、スギ薬局で薬を受け取る。
 ついでに、夕飯用の買い物もすませる。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの特集『ヨーロッパ夏の音楽祭』で、今年のスティリアルテ音楽祭からニコラウス・アーノンクール指揮コンツェントゥス・ムジクス・ウィーンのライヴ録音(2014年7月5日、グラーツ シュテファニエン・ザール)を聴く。
 モーツァルトの交響曲第39番から第1楽章、第40番、第41番「ジュピター」、ということで、先日Radio4のオンデマンド音源で聴いたものと同じではないか(収録日が異なるが、Radio4のほうが間違っていると思う)。
 アーノクールらしい癖の強い、強弱のはっきりした、しかし真摯で誠実な演奏である。
 と、感想も基本的には以前聴いたときと同じだ。
 時間の関係で、第39番が全曲放送されていないのが惜しい。


 続けて、Radio4でアイヴァー・ボルトン指揮ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団が演奏したモーツァルトの歌劇『クレタの王イドメネオ』からバレエ音楽、ピアノ協奏曲第17番(クリスティアン・ベザイデンホウトの独奏)、セレナード第3番による交響曲のライヴ録音(2014年8月3日、ザルツブルク・モーツァルテウム)を聴く。


 夕飯後、『深雪またなん』の筆入れと打ち直しを行ったり、『幕末明治不平士族ものがたり』を読み進めたりする。
 『深雪またなん』に関しては、いろいろと迷っている。
 一日で原稿用紙2枚分程度しか進めきれていない。


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 たまにはドライブに行きたいなあ…。
 って、免許は持ってないけどさあ…。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック