2014年08月08日

お芝居を観たあともいろいろあって、帰宅が遅くなる(深夜のCLACLA)

 どんよりとしたお天気の一日。
 夜になって雨も降る。
 台風11号が接近しているからか。

 じめじめむしむしとして暑さが厳しい。
 皆さん、くれぐれも熱中症にはお気をつけくださいね。


 リーダビリティーについて考える今日この頃。
 そして、文章を書くことについて考える今日この頃。


 昨夜、KBS京都でAKB48のオールナイトニッポンを拾い聴きしたりしながら、4時過ぎまで仕事関係の作業を進めたり、『深雪またなん』の筆入れを行ったりする。
 AKB48のオールナイトニッポンは本の出版を記念して指原莉乃が出演していたが、秋元康やリリー・フランキーといったおっさん陣がべしゃっているのがなんとも辛く、拾い聴きになる。
 あと、指原が本の内容を覚えていないみたいなことを言って、思わず松本伊代のことを思い出した(自分が書いたはずの本を「読んでないからわからない」と答えて、片岡鶴太郎に突っ込まれた一件)が、彼女のインタビューを谷口という人が巧くまとめた本のようで、疲れていたときのインタビューなので内容を忘れたと付け加えていた。


 午前午後と、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも木曜日』やヴァイオリンのアレクサンドル・ダ・コスタとマルツィオ・コンツィ指揮オビエド・フィルが演奏したサン・サーンスのヴァイオリン協奏曲第3番&交響曲第3番「オルガン付き」他<WARNER>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『深雪またなん』の筆入れを行ったり、都築政昭の『黒澤明の遺言』<実業之日本社>を読み進めたりする。


 17時半に外出し、仕事関係の用件を片づけたのち元・立誠小学校へ。
 木工室でイッパイアンテナの怪談『遠野物語』(柳田國男原作、大崎けんじさん脚色・演出)を観る。
 詳しくは、前回の記事(観劇記録)をご参照のほど。

 開演前終演後、関係各氏と話しをしたりあいさつをしたりする。


 以上、8月7日の日記。


 終演後、いろいろあって帰宅が1時半過ぎる。
 確かに、愉しいことを優先させるのは大切なことだと痛感する。
 ああ、愉しかった!


 帰宅後、観劇記録の準備をすませ、『深雪またなん』の筆入れを行う。


 今日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック