2014年08月01日

今日から8月(CLACLA日記)

 今日から8月。
 今年も残すところ5ヶ月を切った。
 一日一日を本当に大切にしながら、為したいこと為すべきことをしっかり為していきたい。
 そして、死を忘れないこと。


 イスラエル政府とハマスが72時間の停戦に合意したという。
 しかし、双方の部隊とも撤退せず、イスラエル軍によるガザ地区の地下トンネルへの防御的な活動は継続されるという条件には、疑念と不安を抱く。
 結局、ハマス側がミサイルを発射し、イスラエル軍が激しい反撃を行う…という展開になるのではないか。
 すでに、パレスチナ側の死者は1400人を超えた。
 子供たちも殺されている。
 いろいろと考えることあり。


 日本の武器輸出が安倍内閣の閣議決定によって認められることとなった。
 戦争が始まれば軍需産業が儲かる。
 政権党も政治献金で儲かる。
 自分で自分の首を絞める愚か者どもが。
 そして、愚か者を支持し、黙認し、許容する人間が一番の愚か者だ。


 8月9日の長崎原爆の日の平和記念式典で、田上富久長崎市長が集団的自衛権の行使容認に関する懸念について言及するとのこと。


 どんよりとした感じお天気。

 気温は上昇し、暑さがとてつもなく厳しい。
 暑い暑い暑い暑い。
 皆さん、くれぐれも熱中症にはお気をつけくださいね。


 昨夜、綿矢りさの『憤死』<河出書房新社>を読み始める。

 その後、KBS京都でナインティナインのオールナイトニッポンを聴いたりしながら、3時40分頃まで仕事関係の作業を進める。


 午前中、毎週恒例の洗濯をすませる。
 乾き、それほどよろしからず。
 まあ、仕方ない。

 その間、仕事関係の用件で外出。
 ついでに、近くのクリーニング屋にダウンジャケットを持って行く。


 KBS京都の『妹尾和夫のパラダイスkyoto』、NHK・FMの『オペラ・ファンタスティカ』、ジョン・エリオット・ガーディナー指揮イングリッシュ・バロック・ソロイスツが演奏したモーツァルトの交響曲第33番<PHILIPS>を聴く。
 『妹尾和夫のパラダイスkyoto』の11時台には、ヨーロッパ企画の本多力君がゲスト出演していて、今度の公演の話などをしていた。
 『オペラ・ファンタスティカ』では、ジュゼッペ・パタネー指揮ミュンヘン放送管弦楽団他が演奏したドニゼッティの歌劇『マリア・ストゥアルダ』全曲(PHILIPSレーベルへの録音)が放送されていた。
 音楽そのものはちょっと大向こう受けのうかがえる大芝居調だが、タイトルロールを歌うエディタ・グルベローヴァが実に立派な歌唱だった。
 対するアグネス・バルツァやフランシスコ・アライサも優れており、パタネーの音楽づくりも劇場感覚に満ち満ちていた。
 解説の堀内修さんのおっしゃる通り、パタネーの早世が悔やまれる。


 午前午後と、仕事関係の作業を進めたり、8月の創作活動について考えたり、ドキドキぼーいずからの退団が発表された福田(きみどり)さんへの惜別の文章『さよなら福田きみどりさん』をブログ等にアップしたりする。


 仕事関係の予定をすませる。


 で、夕飯用の買い物をすませ、クリーニング屋でダウンジャケットを受け取って帰宅した。
 ダウンジャケットは、まあきれいになったか。
 相当汚れていたんでねえ。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、ミヒャエル・ザンデルリンク指揮ドレスデン・フィルの来日コンサートのライヴ録音(2013年6月25日、サントリーホール)を聴く。
 ベートーヴェンの交響曲第7番、ブラームスの交響曲第1番とハンガリー舞曲第5番(アンコール)が演奏されていた。
 この音源は以前聴いたことがある。


 続けて、オランダのネットラジオRadio4の音源から、ロリン・マゼール指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団が演奏したリヒャルト・シュトラウスの『町人貴族』組曲と家庭交響曲のライヴ録音(2000年10月14日、アムステルダム・コンセルトヘボウ)を聴く。
 『町人貴族』組曲は、ゆったりというかねっとりたっぷりというか、遅めのテンポがとられていた。
 はて、ウィーン・フィルとの1960年代の録音もこんな感じだったかなあ。
 家庭交響曲も同様の音楽づくりで、官能的に歌う演奏だ。


 夕飯後、『憤死』を読み進め、読了する。
 綿矢りさの変化充実がよくわかる短篇集だった。
 ああ、面白かった!


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 ちょいと一発のつもりで売って
 いつの間にやらぼろ儲け
 気がつきゃ戦地に兵まで出して
 これじゃ平和にいいわきゃないよ
 わかっちゃいるけどやめられない


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック