2014年06月18日

中山可穂の『愛の国』を読み始めた(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気の一日。
 小雨も降る。

 気温は下がったものの、じめじめむしむしとしてあまり快ならず。


 アメリカの作家、ダニエル・キイスが亡くなった。86歳。
 世界的なベストセラー、『アルジャーノンに花束を』で知られた。
 深く、深く黙祷。


 昨夜、オルフェウス室内管弦楽団が演奏したベートーヴェンのバレエ音楽『プロメテウスの創造物』全曲<ドイツ・グラモフォン>を聴いたりしながら、4時近くまで仕事関係の作業を進めたり、『深雪またなん』について考えたりする。


 朝早くから、真向かいのマンションがかまびすし。
 そして、マンションの外装工事で終日シンナー臭し。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 やれやれ。


 ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも水曜日』を途中まで聴く。


 その後、ゲオルゲ・ペトルー指揮アルモニア・アテネアが演奏したベートーヴェンのバレエ音楽『プロメテウスの創造物』全曲<DECCA>と、ソプラノのドロテー・ミールズがレザミ・ド・フィリップの伴奏で歌ったハイドンのスコットランド民謡集&英語によるカンツォネッタ集<CPO>を聴き、CDレビューをアップする。
 詳しくは、前々回前回の記事をご参照のほど。


 さらに、古今亭志ん朝が演じた『寝床』<ソニー>を聴く。
 毎回ながら、舌を巻く巧さだ。


 仕事関係の作業を進めたり、『深雪またなん』について考えたり、文書類の整理を行ったりする。


 川上弘美の『なめらかで熱くて甘苦しくて』<新潮社>を読了する。
 ああ、面白かった!


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMでウラディーミル・アシュケナージさん指揮NHK交響楽団の定期公演の実況中継を聴く。
 シベリウスの組曲『恋人』、グリーグのピアノ協奏曲(中野翔太の独奏)、エルガーの交響曲第1番が演奏されていた。


 続けて、マティアス・バーメルト指揮ロンドン・フィルが演奏したパリーの交響曲第5番他<CHANDOS>、ベルナルト・ハイティンク指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したエルガーの交響曲第2番<EMI>を聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、中山可穂の『愛の国』<角川書店>を読み始めたり、『深雪またなん』を書き進めたりする。
 『愛の国』は、王寺ミチルを主人公とした『猫背の王子』、『天使の骨』に続く三部作の完結篇だが、冒頭から中山さんの危機意識が強く示された内容となっている。
 「炭坑のカナリア」という言葉を思い出す。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック