2014年06月15日

父の日 父と電話で話した(CLACLA日記)

 父の日。
 11時過ぎに実家に電話をかけるも、誰も出ず。
 あとでかけ直そうと思っていたところ、正午過ぎに実家のほうから電話がある。
 父は墓参りに出かけており、母は何か用事をしていたとのこと。
 父に感謝の言葉を伝える。
 元気そうでまずは何より。
 そして、もっとしっかりしなければと強く思う。


 晴天。

 気温も上昇し、暑さがとても厳しい。
 暑い暑い暑い。
 皆さん、くれぐれも熱中症にはお気をつけくださいね。


 昨夜、オードリーのオールナイトニッポンを聴いたりしながら、4時半過ぎまで仕事関係の作業を進めたり、『深雪またなん』について考えたりする。


 朝早めに起きて、NHK・FMの『名演奏ライブラリー』、ゲオルゲ・ペトルー指揮アルモニア・アテネアが演奏したベートーヴェンのバレエ音楽『プロメテウスの創造物』全曲<DECCA>、ソプラノのドロテー・ミールズがレザミ・ド・フィリップの伴奏で歌ったハイドンのスコットランド民謡集&英語によるカンツォネッタ集<CPO>、NHK・FMの『きらクラ!』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『深雪またなん』について考えたりする。
 『名演奏ライブラリー』は、1977年に早世したアメリカの指揮者トーマス・シッパーズの特集で、LPを愛聴していたニューヨーク・フィルとのシベリウスの交響曲第2番を久しぶりに聴くことができたのは大収穫だった。
(ジョージ・セルとアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団によるレコードも持っていたのだが、あらはあるものの若々しくてエネルギッシュなシッパーズのほうを、僕は好んで聴いていたのだ)
 他に、ローマ歌劇場管弦楽団他と録音したプッチーニの歌劇『ラ・ボエーム』全曲の一部(ミレッラ・フレーニのミミとニコライ・ゲッダのロドルフォ)なども放送されていた。


 真向かいのマンションが今日もかまびすしい。
 非常識極まる住人、銭ゲバオーナー、無能管理人は万死に値する。
 天罰神罰よ下れ!


 小林英夫の『自民党と戦後史』<中経出版>を読了する。
 自民党のこれまでの流れを要約した一冊だが、著者がアジア経済論や植民地の経済史を専門としていることもあり、岸信介や椎名悦三郎をはじめとした満洲人脈(アジア問題調査会の事務局長藤崎信幸や、「宏池会」の事務局長田村敏雄ら)に筆が割かれていた点が興味深かった。


 続けて、川上弘美の『不良になりました。』<平凡社>を読み始める。
 おなじみ東京日記シリーズの4冊目なり。
 面白し面白し。


 17時過ぎに外出し、京都芸術センターで用件を片づけ、夕飯用の買い物をすませて、18時半頃帰宅した。


 帰宅後、ルドルフ・ケンペ指揮シュターツカペレ・ドレスデンが演奏したリヒャルト・シュトラウスの交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』&『死と変容』、『ばらの騎士』組曲、『カプリッチョ』から月の光の音楽(2回)<WARNER>を聴く。


 夕飯後、ケンペ指揮シュターツカペレ・ドレスデンが演奏したリヒャルト・シュトラウスの交響詩『マクベス』&交響的幻想曲『イタリアから』<同>を聴き、ケンペとシュターツカペレ・ドレスデンのリヒャルト・シュトラウスの管弦楽曲・協奏曲集<同>のCDレビューをアップする。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。


 仕事関係の作業を進めたり、『深雪またなん』について考えたり、『不良になりました。』を読み進めたりする。


 今日は、ふんわりワッフル(2個)を食す。
 近くのローソンストア100で、50円引きだったもの。
 ホイップクリームとカスタードクリームを挟んだ小ぶりなワッフルで、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック