2014年06月12日

仕事関係の打ち合わせを行った(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気が続く。
 夕方頃には、激しい通り雨も降った。

 むしむしじめじめとして、あまり快ならず。


 集団的自衛権行使の問題で、公明党内から政府自民党に擦り寄る動きが起こっているとのこと。
 飯島某がアメリカから嚇しをかけてきたしなあ。
 まあ、嚇しのふりをした合図かもしれないけれど。
 いずれにしても、猿芝居や八百長、無自覚のコンフォルミスムには気をつけていかなければ。
 自省あるのみ。


 昨夜、KBS京都でAKB48のオールナイトニッポンを聴いたりしながら、3時40分過ぎまで仕事関係の作業を進める。
 AKB48のオールナイトニッポンは、先日の総選挙で1位となった渡辺麻友らがファンの面々とともにAKBシアターから生放送するという特別版だった。


 マンションの外装工事で、シンナー臭し。
 やれやれ。


 午前午後と、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも木曜日』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『深雪またなん』について考えたりする。


 14時台に外出し、仕事関係の打ち合わせを行う。
 終了後に夕飯用の買い物をすませ、18時少し前に帰宅した。


 帰宅後、ゲオルゲ・ペトルー指揮アルモニア・アテネアが演奏したベートーヴェンのバレエ音楽『プロメテウスの創造物』全曲<DECCA>を聴く。


 村田沙耶香の『しろいろの街の、その骨の体温の』<朝日新聞出版>を読了し、柚月裕子の『検事の死命』<宝島社>を読み始める。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、チェロのソル・ガベッタとピアノのベルトラン・シャマユのコンサートのライヴ録音を聴く。
 ショスタコーヴィチとラフマニノフのチェロ・ソナタなどが演奏されていた。


 番組終了後、毎週恒例の洗濯をすませる。
 外装工事の関係のためなり。
 それにしても、防水工事のペンキとシンナーがまじった臭いがたまらなく気持ち悪い。
 やれやれ。


 ルドルフ・ケンペ指揮シュターツカペレ・ドレスデンが演奏したリヒャルト・シュトラウスのメタモルフォーゼン&アルプス交響曲、ヴァイオリン協奏曲(ウルフ・ヘルシャーの独奏)&家庭交響曲<WARNER>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『千春日和』の筆入れを行ったり、『検事の死命』を読み進めたりする。
 『千春日和』は、一応一回目の筆入れを終わらせた。
 が、まだまだだ。


 今日は、和光の手焼せんべえを食す。
 実家からの荷物に入っていたもので、鶏卵を使った瓦せんべい型の煎餅で、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック