2014年06月09日

林隆三と桂宮が亡くなった(CLACLA日記)

 晴天。

 気温も上昇し、暑さがとても厳しい一日となる。
 暑い暑い暑い。
 皆さん、くれぐれも熱中症にはお気をつけくださいね。


 俳優の林隆三が亡くなった。70歳。
 俳優座養成所の15期生(いわゆる「花の15期」)の一人で、舞台をはじめ、映画、テレビドラマと幅広く活躍した。
 また、美声の持ち主でシャンソンの歌い手としても知られた。
(シャンソン歌手としての活動については、高嶋進の『ジァンジァン物語』<左右社>でも触れられている。新藤兼人監督の『竹山ひとり旅』の出演にも、高嶋さんとの交流が関係していたはずだ)
 映画では『竹山ひとり旅』のほか、藤田敏八監督の『妹』、阪本順治監督の『魂萠え!』(左右田一平のうさん臭さのほうが好みに合っているが)、テレビドラマでは、『必殺必中仕置屋稼業』、『噂の刑事トミーとマツ』、『ザ・ハングマン』、『たけしくん、ハイ!』、大河ドラマの『翔ぶが如く』の勝海舟、『信長』の織田信秀、『徳川慶喜』の松平春嶽(慶永)、『世にも奇妙な物語』の「戦争はなかった」(小松左京原作)と「最期の喫煙者」(筒井康隆原作)が記憶に残る。
 ダンディな雰囲気の持ち主で、ワイドショーなどでもそのスキャンダルが報じられていた。
 深く、深く、深く、深く黙祷。

 オペラのアリア歌っている記憶が鮮明に残っており、僕の中では林さんには、どうしてもフィガロのイメージが重なってしまう。


 三笠宮崇仁の次男、桂宮宜仁も亡くなった。66歳。
 長く闘病中だった。
 これで、三笠宮さまの三人の子息全員(寛仁、高円宮、桂宮)が亡くなってしまった。
 深く、深く、深く、深く黙祷。


 明け方4時40分過ぎに眠る。


 真向かいのマンションが今日もかまびすしい。
 銭ゲバオーナーや無能管理人に天罰神罰よ下れ!


 午前午後と、ゲオルゲ・ペトルー指揮アルモニア・アテネアが演奏したベートーヴェンのバレエ音楽『プロメテウスの創造物』全曲<DECCA>、ルドルフ・ケンペ指揮シュターツカペレ・ドレスデンが演奏したリヒャルト・シュトラウスのブルレスケ他<WARNER>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『千春日和』の筆入れを行ったりする。


 矢崎泰久の『人生は喜劇だ』<飛鳥新社>を読了する。
 ああ、面白かった!


 15時頃外出し、仕事関係の予定をすませる。
 で、21時頃帰宅した。


 帰宅後、NHKラジオ第1の『DJ日本史』、『プロメテウスの創造物』全曲、ソプラノのドロテー・ミールズがレザミ・ド・フィリップの伴奏で歌ったハイドンのスコットランド民謡集&英語によるカンツォネッタ集<CPO>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック