2014年05月30日

ルドルフ・ケンペが指揮したリヒャルト・シュトラウスを堪能する(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。

 気温も上昇し続け、暑さがとても厳しい。
 夏かと見まごうばかりの暑さなり。
 皆さん、くれぐれも熱中症にはお気をつけくださいね。


 見え見えの目くらましや、茶番以下の猿芝居にはだまされたくないものだ。
 自省あるのみ。


 昨夜、KBS京都でナインティナインのオールナイトニッポンを聴いたりしながら、3時半過ぎまで仕事関係の作業を進める。


 9時半過ぎに起きて、仕事関係の作業を進めたり、『千春日和』の筆入れを行ったり、『深雪またなん』を書き進めたり、森まゆみの「『青鞜』の冒険」<平凡社>を読み進めたりする。
 「女が集まって雑誌をつくるということ」という副題のある、「『青鞜』の冒険」は、明治大正に一時代を画した『青鞜』について、自らも女性三人で地域雑誌『谷中・根津・千駄木(通称谷根千)』を編集刊行した著者が、批判的な視点も保ちつつ詳述した一冊だ。
 面白し。


 カティア・ブニアティシヴィリが弾いたピアノ小品集「マザーランド」<SONY/BMG>を2回聴き、CDレビューをアップする。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。


 正午過ぎには、タワーレコードのネットショップで注文しておいた、ルドルフ・ケンペ指揮シュターツカペレ・ドレスデン他が演奏したリヒャルト・シュトラウスの管弦楽曲・協奏曲集のBOX(9CD)<WARNER>が届く。
 で、早速、交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』&『死と変容』、『ばらの騎士』のワルツ、『カプリッチョ』から月の光の音楽(ペーター・ダムのホルン・ソロ!)、交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』&『ドン・ファン』&『英雄の生涯』、メタモルフォーゼン&アルプス交響曲、交響詩『ドン・キホーテ』&クープランのクラヴサン曲による舞踏組曲を聴く。
 まずもって、SACD用に行われたリマスタリングの成果だろう、EMIレーベル特有のじがじがした感じはありつつも、音質(分離)のよさに驚嘆する。
 そして、劇性に富んで要所急所をしっかり押さえたケンペの音楽づくりの妙と、シュターツカペレ・ドレスデンの達者さに舌を巻く。
 それにしても、この9枚入りのセットがたったの2300円弱とは!!


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、打楽器のマルティン・グルービンガーをソロに迎えた、クリスチャン・バスケス指揮カメラータ・ザルツブルクのコンサートのライヴ録音を聴く。
 チャベスの交響曲第2番「インディオ交響曲」、ドルマンの「フローズン・イン・タイム」、ヒナステラのバレエ組曲『エスタンシア』、グルービンガーが編曲したピアソラ作品、アントニオ・カルロス・ジョビンの「想いあふれて」などが放送されていた。
(以上のうち、グルービンガーはドルマン、ピアソラ、ジョビンに登場)


 続けて、ケンペ指揮シュターツカペレ・ドレスデンが演奏したリヒャルト・シュトラウスの交響的幻想曲『イタリアから』&交響詩『マクベス』、『サロメ』から7つのヴェールの踊り、『町人貴族』組曲、『泡立ちクリーム』からワルツ、交響的断章『ヨーゼフ伝説』<WANER>を聴く。
 繰り返しになるが、ケンペとシュターツカペレ・ドレスデンが演奏したリヒャルト・シュトラウスは、とても聴き応えがある。
 ああ、素晴らしい!


 夕飯後、『千春日和』の筆入れを行う。


 「『青鞜』の冒険」を読了する。
 ああ、面白かった!


 続けて、石井桃子の『プーと私』<河出書房新社>を読み始める。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック