2014年05月19日

夕方京都芸術センターへ行った(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。

 気温は今日も上昇し、暑さを強く感じる。
 暑い暑い。


 まだ花粉が飛んでいるようで、時折くしゃみを連発したり、喉がいがいがしたりする。
 やれやれ。


 昨夜諸々あって、1時半過ぎに帰宅する。

 その後、NHKラジオ第1でラジオ深夜便を聴いたりしながら、4時半過ぎまで仕事関係の作業を進める。
 ラジオ深夜便では、美空ひばりの特集を聴けたのが収穫だった。


 朝早めに起きて外出し、仕事関係の用件を片づける。


 今日も、マンションの外装工事だったが、反対の棟の作業だったため、若干うるささが減ぜられていた。


 午前午後と、ニコラウス・アーノンクール指揮コンツェントゥス・ムジクス・ウィーン他が演奏したハイドンの交響曲第30番「アレルヤ」、第53番「帝国」、第69番「ラウドン」とスターバト・マーテル<ともにTELDEC>、ファジル・サイが弾いた同じくハイドンのピアノ・ソナタ集<naïve>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『深雪またなん』を書き進めたりする。


 茂木大輔の『アイネクライネな我が回想』<幻戯書房>を読了する。
 ああ、面白かった!


 続けて、村田喜代子の『縦横無尽の文章レッスン』<朝日新聞出版>を読み始める。
 刺激を受けるところ大なり。


 18時少し前に外出し、京都芸術センターへ。
 用件をすませたのちいろいろとあり、19時半過ぎに帰宅した。
 為すべきことをしっかり為していかなければ。


 夕飯後、マリア・ジョアン・ピリスが弾いたシューベルトのピアノ・ソナタ第16番&第21番<ドイツ・グラモフォン>を聴いたりしながら、『深雪またなん』を書き進めたり、『縦横無尽の文章レッスン』を読み進めたりする。


 今日は、生活志向(ローヤル製菓株式会社)の抹茶鈴かすてらを食す。
 昨日、卸売ひろばタカギで購入したもの。
 抹茶風味の鈴かすてらで、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック