2014年05月18日

静かな日曜日(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。

 気温も上昇し、暑さを強く感じた一日。
 日中はTシャツ一枚で外出しても充分なほどの暑さだった。

 イネ科か、花粉が未だ飛んでいるようで、時折くしゃみをしたり、喉がいがいがしたりする。
 やれやれ。


 集団的自衛権の行使の問題だけれど、これが賢慮に賢慮を重ね議論に議論を重ねた上で、対外関係もあってのやむにやまれぬ決断だというのであれば、何がなんでも反対という立場を僕はとるつもりはない。
 しかしながら、安倍晋三(等身大フィギュアの趣味の悪さ)やその取り巻き連中のやり口、というか人品を見るに、そうしたプロセスというものをうかがうことができないのである。
 正直言って、全く信用がならない。


 無自覚のコンフォルミスムほど危うく、愚かなものもあるまい。
(そういう人にかぎって、あとで「だまされた」などと平気で口にするのではないか)


 昨夜、KBS京都のオードリーのオールナイトニッポンを聴いたりしながら、4時近くまで仕事関係の作業を進める。


 工事がお休みで静かということもあって、あえて正午過ぎまで昼寝坊を決め込む。


 フォルテピアノのバート・ファン・オールトが弾いたヨハン・クリスティアン・バッハの6つのソナタ作品番号17<BRILLIANT>を聴いてCDレビューをアップする。
 ほかに、アルティス・カルテットが演奏したベートーヴェンの弦楽4重奏曲第1番&第15番<SONY>と、ピアノのジャン・イヴ・ティボーデとウラディーミル・アシュケナージさん指揮クリーウランド管弦楽団が演奏したラフマニノフのピアノ協奏曲第2番&パガニーニの主題による狂詩曲<DECCA>のCDレビューもアップする。


 その後、NHK・FMの『きらクラ!』を久しぶりに聴く。
 クラリネット奏者の赤坂達三をゲストに迎えた、いつもながらのいい感じの放送だった。


 仕事関係の作業を進めたり、茂木大輔の『アイネクライネな我が回想』<幻戯書房>を読み進めたりする。


 16時ちょうどに外出し、卸売ひろばタカギでお米(10キロ)を購入する。

 いったん帰宅してお米を置いたのち再び外出し、河原町へ。
 仕事関係の用件を片づけ、タワーレコードで『ぶらあぼ』6月号を入手し、京都芸術センターに寄って、夕飯用の買い物もすませ、18時台に帰宅した。


 帰宅後、グレン・グールドが弾いたベートーヴェンのピアノ・ソナタ第8番「悲愴」〜第10番<SONY/BMG>を聴きながら、『アイネクライネな我が回想』を読み進める。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『ブラボー!オーケストラ』で、外山雄三指揮東京フィルのコンサートのライヴ録音を聴く。
 スッペの喜歌劇『軽騎兵』序曲、ワルトトイフェルのスケーターズ・ワルツ、ドップラーのハンガリー田園幻想曲(工藤重典のフルート独奏)、スメタナのモルダウ、外山さん自身の管弦楽のためのラプソディと、「名曲」ぞろいのプログラミングだった。


 夕飯後、グールドが弾いたベートーヴェンのピアノ・ソナタ第10番を再び聴く。

 で、今から外出する予定なり。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、行って来ます。
posted by figarok492na at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック