2014年05月14日

朝に病院 夕にメガネショップ(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気の一日。
 雨も降り始める。

 気温はぐんと上昇し、7月並みの暑さとなる。
 が、明日には気温が下がり4月並みの気温となるらしいが。
 皆さん、くれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。


 やりたい放題の得手勝手。
 胡散臭さときな臭さの極みだ。
 そして、何度も繰り返すが、愚か者に手を貸す者や愚か者を支持し許容し黙認する者こそ一番の愚か者だ。


 昨夜、ベルリン・フィル8重奏団が演奏したブラームスの弦楽4重奏曲第1番&第2番<PHILIPS>を聴いたりしながら、3時半頃まで『爛れる』を書き進めたり、仕事関係の作業を進めたりする。


 朝早めに起きて、かかりつけの病院へ。
 で、処方箋をもらって四条通のスギ薬局で薬を受け取る。


 病院の待ち時間に、野田秀樹の『ひつまぶし』<朝日新聞出版>を読了する。
 ああ、面白かった!


 午前中、毎週恒例の洗濯をすませる。
 思った以上に乾きがよく、ほっとする。


 体調、あまり芳しからず。


 ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも水曜日』や、フォルテピアノのバート・ファン・オールトが弾いたヨハン・クリスティアン・バッハの6つのソナタ作品番号17<BRILLIANT>、ジョヴァンニ・アントニーニ指揮バーゼル室内管弦楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第1番&第2番<OEHMS>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『爛れる』を書き進めたり、フリオ・コルタサルの『対岸』<水声社>を読み始めたりする。


 17時半に外出し、メガネショップで修理に出しておいたメガネを受け取る。
 で、ついでに夕飯用の買い物もすませ、18時半に帰宅した。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、「カザルスの遺産」の第三夜目を聴く。
 カザルス指揮プエルトリコ音楽祭管弦楽団が演奏したモーツァルトの交響曲第40番(1960年6月7日の録音)、ベートーヴェンの3重協奏曲(ユージン・イストミンのピアノ、アイザック・スターンのヴァイオリン、レオナード・ローズのチェロ。1970年5月31日の録音)、シューベルトの交響曲第4番「悲劇的」(1961年6月21日の録音)が放送されていた。


 続けて、アントニーニ指揮バーゼル室内管弦楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第5番&第6番「田園」<SONY>を聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、『爛れる』を書き進めたり、『対岸』を読み進めたりする。
 『爛れる』は、原稿用紙9枚分を超えた。


 今日は、ヤマザキのフルーツロール・バナナを食す。
 近くのドラッグランドひかりで、半額、税込み49円だったもの。
 バナナクリームとバナナジャムを挟んだロールケーキ(1切れ)で、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック