2014年04月10日

花粉禍に苦しむ一日(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。

 日中は気温が上昇し穏やかな感じだったが、夕方以降冷たい風が吹き、肌寒くなる。
 皆さん、くれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。


 花粉症が激しく出る。
 身体の重だるさ、目の周りの痒み、くしゃみの連発に悩まされた一日。
 本来の予定を延期して、部屋での作業にあてた。
 やれやれ。


 目くらましにはだまされたくないものだ。


 昨夜、グレン・グールドが弾いたモーツァルトのピアノ・ソナタ集<SONY/BMG>を聴いたりしながら、結局5時頃まで仕事関係の作業を進めたり、『千春日和』について考えたりする。


 朝早くから、近所の建築作業がどうにもかまびすしい。
 うっとうしいうっとうしい、うっとうしいったらありゃしない。


 ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも木曜日』はすぐに途中下車。
 グールドのモーツァルトやウェラー・カルテットが演奏した『モーツァルトのカルテット・パーティ』<タワーレコード/DECCA>(2回)を聴いて、それぞれのCDレビューをアップする。

 ほかに、アルフレード・ベルナルディーニ率いるゼフィーロが演奏したモーツァルトのオーボエ協奏曲&ファゴット協奏曲他<ドイツ・ハルモニアムンディ>、アントネッロ・マナコルダ指揮カンマーアカデミー・ポツダムが演奏したシューベルトの交響曲第3番&第7番「未完成」<SONY/BMG>を聴く。


 仕事関係の作業を進めたり、『千春日和』を書き進めたり、藤野可織の『パトロネ』<集英社>を読み進めたりする。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。
 近くのファミマで、週刊文春の小林信彦の連載の立ち読みもした。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、アラン・ギルバート指揮ベルリン・フィルのコンサートのライヴ録音を聴く。
 ルトスワフスキの交響曲第4番とバルトークのバレエ音楽『かかし王子』などが放送されていた。
 こうしたプログラミングのコンサートは、やはり生で聴きたいものだ。

 続けて、ゼフィーロのモーツァルトを聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、『千春日和』について考えたり、『パトロネ』を読み進めたりする。


 今日は、ファミリーマートコレクションのピーナッツブロックチョコを食す。
 近くのファミマで、税込み108円だったもの。
 オーソドックスなピーナッツ入りのブロックチョコレートで、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 夜になっても花粉禍に苦しむ。
 やれやれ。


 人の心根のあり様についていろいろと考える今日この頃。
 卑しい人間ではありたくないし、鈍い人間でもありたくない。
 自省あるのみ。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック