2014年03月02日

確定申告をすませた(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気から晴天へ。

 気温はそこそこ上昇か。
 朝夕はまだまだ冷え込むも。


 何やらウクライナ(クリミア半島)情勢がきな臭いことになっている。
 いろいろと考えることあり。


 明け方6時近くまで、仕事関係の作業を進める。


 10時過ぎに起きて、NHK・FMの『トーキング・ウィズ松尾堂』や『きらクラ!』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、山本順二の『漱石のパリ日記』<彩流社>を読み進めたりする。
 『トーキング・ウィズ松尾堂』は、「没後15年 桂枝雀」と今は亡き桂枝雀の特集。
 桂枝雀の長男で、かつてリリパットアーミーに所属しバンドミュージシャンでもある前田一知(声がそっくり)と、落語作家として桂枝雀に深く関わった小佐田定雄がゲストに招かれていたが、いずれも松尾貴史と親しい関係にあることもあって、実にインティメートで愉しい雰囲気の放送となっていた。


 15時半頃外出し、池坊短期大学へ。
 特別に設けられた会場で、確定申告をすませる。
 係の人から手取り足取り助けてもらったおかげで、ささっとすませることができた。

 で、京都芸術センターと河原町で仕事関係の用件を片づけ、ついでに夕飯用の買い物もすませて、17時半頃帰宅した。


 帰宅後、パーヴォ・ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマー・フィルが演奏したベートーヴェンの交響曲第4番&第7番<RCA>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『漱石のパリ日記』を読み進めたりする。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『ブラボー!オーケストラ』で、クリスチャン・バスケス指揮東京フィルのコンサートのライヴ録音を聴く。
 レブエルタスの『センセマヤ』と、前橋汀子の独奏でブラームスのヴァイオリン協奏曲が演奏されていた。


 夕飯後、NHKラジオ第1のワクテカ・ラジオを聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、友人知己に連絡を行ったりする。


 『漱石のパリ日記』を読了する。


 今日は、サン・アローズの豆乳入りどら焼きを食す。
 寺町の業務スーパーで購入したもの。
 またぞろこのどら焼きだ。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック