2014年02月13日

今日も京都芸術センターに寄った(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気の一日。
 雨降りになるか。

 気温は上昇せず、寒さが厳しい。
 皆さん、くれぐれも風邪やインフルエンザ、ノロウイルスなどにお気をつけくださいね。


 昨夜、3時50分近くまで仕事関係の作業を進める。


 作家の山本兼一が亡くなった。57歳。
 直木賞受賞作で、田中光敏監督、市川海老蔵主演で映画化された『利休にたずねよ』や、同じく田中光敏監督で映画化された『火天の城』など、時代小説で知られた。
 が、未だ山本さんの作品を読んだことはなかったのだった。
 それにしても、57歳は若い。
 深く、深く黙祷。


 朝早めに起きて、かかりつけの病院へ。
 血液検査の結果に異常はなく、ほっとする。

 で、四条通のスギ薬局で薬を受け取り帰宅した。


 帰宅後、1時間半ほど二度寝を決め込む。


 フォルテピアノのバート・ファン・オールトが弾いたヨハン・クリスティアン・バッハの6つのソナタ作品番号5<BRILLIANT>を2回聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『千春日和』について考えたり、渡辺和行の『フランス人民戦線』<人文書院>を読み進めたりする。


 17時頃外出し、夕飯用の買い物をすませ、京都芸術センターで用件を片づけ、18時過ぎに帰宅した。
 京都芸術センターでは、人(旧知の人)の助けに感謝する。
 ありがとうございました。


 夕飯後、再びクリスティアン・バッハのソナタを聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『千春日和』について考えたり、『フランス人民戦線』を読み進めたりする。
 『千春日和』は、書きあぐねている。


 今日は、グレインビスケット(ミックスナッツ)を食す。
 寺町の業務スーパーで、税込み88円だったもの。
 ナッツ入りの全粉粒ビスケットで、ちょっと癖が強いか。
 ごちそうさま!


 莫迦愚かが大はしゃぎする今日この頃。
 度し難し。
 しかしながら、莫迦愚かを支えたり、莫迦愚かを許容する者こそ、一番の莫迦愚かとも思う。
 自省せねば。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック