2014年02月02日

コンサートを途中下車し、お芝居を観に行った(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気の一日。
 朝方まで雨が降っていたが、その後やんで少し陽光も見える。

 気温は非常に上昇。
 春らしさを感じる。
 それでも、皆さんくれぐれも風邪やインフルエンザ、ノロウイルスにはお気をつけくださいね。


 昨夜、4時過ぎまで仕事関係の作業を進める。


 午前午後、仕事関係の作業を進めたり、品川正治の『戦後歴程』<岩波書店>を読み進めたりする。


 13時台に外出し、歩いて京都堀川音楽高等学校音楽ホールへ。
 ヨハン・セバスティアン・バッハのブランデンブルク協奏曲の異稿を、チェンバロのヤロスラフ・トゥーマがアーティスティックリーダーを務めた、京都市立芸術大学卒業生によるバッハ・コレギウム・京都が演奏するというコンサートを聴くためなり。
 が、前半の第1番、第3番、第4番を聴いたところで退散する。
 個々の奏者の技量はなかなか優れたものではあるのだけれど、ホールの音響もあってか、アンサンブルとなるとどうにもしっくりこなかったのである。
 かてて加えて、隣の席の妙齢な女性が、自ら「風邪気味」と口にするくせに、マスクもせずぐしゅぐしゅやっているのにも辟易したため。
 そうそう、第3番の弦楽器のみの終楽章は、コンサートミストレス(たぶん大内山薫さんではないか? それと、誰かを確認する意味で検索してみたところ、京フィルの森本真裕美さんは長崎出身だったのか!)以下、とてもスリリングな演奏で聴き応えがあったんだった。


 16時台にいったん帰宅したのち、今度は自転車で外出し、人間座スタジオへ。
 月面クロワッサンの番外公演 月面クロワッサンおもしろ演劇集『無欲荘』(稲葉俊君脚本・演出)を観る。
 詳しくは、前回の記事(観劇記録)をご参照のほど。

 開演前終演後、稲葉君はじめ関係各氏と話しをする。

 で、終演後、夕飯用の買い物をすませて20時半少し前に帰宅した。


 少し遅めの夕飯後、NHKラジオ第1のワクテカラジオを聴いたりしながら、観劇記録の準備をしたり、上野修の『哲学者たちのワンダーランド』<筑摩書房>を読み始めたりする。


 今日は、甘いものは食さず。
 その代わり、スイートボックスのポテトチップス・チーズ味を食す。
 チーズ風味濃厚なポテトチップスで、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック