2013年12月31日

よいお年を!(CLACLA日記)

 今日で2013年も終わり。
 一年間、皆さん本当にありがとうございました。
 世の中も自分自身もいろいろとあった一年ですが、悲愴と皮相の間に立ちながら、一日一日を大切にしていきたいと思います。
 来年も何とぞよろしくお願い申し上げます。


 晴天。

 穏やかな感じの一日。


 大瀧詠一が亡くなってしまった。65歳。
 ああ。
 深く、深く、深く、深く黙祷。


 昨夜、ABCラジオで『伊集院光の深夜の馬鹿力』を聴いたりしながら3時50分近くまで仕事関係の作業を進める。


 午前中、毎週恒例の洗濯をすませる。


 ABCラジオの『とことん全力投球!!妹尾和夫です』や、デヴィッド・ジンマン指揮チューリヒ・トーンハレ管弦楽団が演奏したシューベルトの交響曲第7番「未完成」他と第8番「ザ・グレート」<ともにSONY/BMG RCA>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、浴室・トイレの大掃除を行ったりする。


 福間良明の『二・二六事件の幻影』<筑摩書房>を読了する。
 ほかに、吉田秀和の『世界の指揮者』<ちくま文庫>の拾い読みもした。


 夕方になって急遽外出することとなり、河原町へ。
 で、予定をすませて22時に帰宅する。


 帰宅後、ジンマン指揮チューリヒ・トーンハレ管弦楽団他が演奏したベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」<Arte Nova>を聴く。


 明日がいい日でありますように!
 2014年がいい年でありますように!
 それじゃあ、皆さんよいお年を!
posted by figarok492na at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック