2013年12月23日

世は三連休最終日(CLACLA日記)

 世は三連休の最終日。


 天皇誕生日。
 いやさかいやさか。


 晴天。

 気温は若干上昇したが、朝夕の冷え込みは厳しく激しい。
 寒い寒い寒い寒い。
 皆さん、くれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。


 昨夜、シュテファン・ザンデルリンク指揮ロイヤル・フィルが演奏したハイドンの交響曲第100番「軍隊」&第94番「驚愕」他<Tring>を聴いたりしながら、5時近くまで仕事関係の作業を進める。


 午前午後と、ジョン・エリオット・ガーディナー指揮リヨン歌劇場管弦楽団が演奏したビゼーの交響曲&『アルルの女』抜粋<ERATO>、バリー・ワーズワース指揮BBCコンサート管弦楽団他が演奏した『ザ・ラストナイト・オブ・ザ・プロムス』<PHILIPS>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 ジェームス三木の『渡されたバトン』<新日本出版社>を読了する。
 ほかに、吉田秀和の『世界の指揮者』<ちくま文庫>の拾い読みもした。


 16時台に外出し、仕事関係の用件を片づけ、下京図書館へ。
 『渡されたバトン』、通崎睦美さんの『木琴デイズ』<講談社>、中島京子の『妻が椎茸だったころ』<同>、西條奈加の『涅槃の雪』<光文社>を返却し、金原ひとみの『マザーズ』<新潮社>、松浦理英子の『奇貨』<同>、絲山秋子の『忘れられたワルツ』<同>、津野海太郎の『花森安治伝』<同>、高村薫の『作家的時評集』<毎日新聞社>、鈴木晟の『臨時軍事費特別会計』<講談社>、宇都宮直子の『別れの何が悲しいのですかと、三國連太郎は言った』<中央公論新社>を新たに借りる。

 その後、京都芸術センターに寄ったり、夕飯用の買い物をすませたりして、18時過ぎに帰宅した。


 帰宅後、ザンデルリンク指揮のハイドンを聴きながら、『花森安治伝』を読み始めたりする。


 NHKラジオ第1で、DJ日本史を聴く。
 今回は、大河ドラマ「軍師官兵衛」直前特集で、約2時間のスペシャル・ヴァージョン。
 「軍師官兵衛」の出演者である片岡鶴太郎(黒田官兵衛が初めに仕えた小寺政職役)をゲストに迎え、黒田官兵衛らにまつわる話がされていた。


 続けて、ガーディナーのビゼーと『ザ・ラストナイト・オブ・ザ・プロムス』を再び聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、『花森安治伝』を読み進めたりする。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック