2013年12月08日

太平洋戦争の開戦から72年が経った(CLACLA日記)

 太平洋戦争の開戦から、72年が経った。


 青空は見えつつも、どんよりとした感じも強し。

 気温は若干下がったか。
 朝夕の冷え込みも厳しい。
 皆さん、くれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。


 昨夜、輪波颯介の『古道具屋皆塵堂』<講談社>を読了する。

 その後、4時過ぎまで仕事関係の作業を進める。


 午前中、仕事関係の作業を進める。


 13時過ぎに外出し、自転車で京都大学西部講堂へ。
 劇団ニガムシの『べっかんこ鬼』を観る。
 詳しくは、前回の記事(観劇記録)をご参照のほど。

 終演後、関係各氏と話しをする。

 で、本当はカフェで作業などしようかと思っていたが、人と話しをしていてけっこう遅くなり、結局ホットラインやAvisをのぞいただけで、夕飯用の買い物をすませて18時過ぎに帰宅した。


 帰宅後、マルク=アンドレ・アムランが弾いたジェフスキの『不屈の民』変奏曲<hyperion>を聴きながら、『べっかんこ鬼』の観劇記録の準備をする。

 続けて、NHK・FMの『ブラボー!オーケストラ』を聴く。
 飯守泰次郎指揮東京フィルが演奏したシベリウスの交響曲第2番と尾高忠明指揮東京フィルが演奏したエルガーの行進曲『威風堂々』第4番のライヴ録音を聴く。

 さらに、MBSラジオの報道特別番組『A級戦犯の声 〜開戦の日に問う』を聴く。
 特定秘密保護法案が強引に押し通された今だからこその、意欲的な番組だと思う。


 比較的遅めの夕飯後、youtubeにアップされたウィーン国立歌劇場におけるプッチーニの歌劇『ジャンニ・スキッキ』全曲上演の映像(2000年。ミシェル・ボーダー指揮)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、西崎憲の『ゆみに町ガイドブック』<河出書房新社>を読み始めたりする。
 『ジャンニ・スキッキ』は、いわゆる一幕物三部作の3作目にあたり、プッチーニが完成させた最後のオペラであり、唯一の喜劇でもある。
 遺産相続を巡る策略を描いた内容で、美しい旋律(おなじみ「わたしのお父さん」は、この作品のアリア)にスラプスティックなのりもあって、実に聴きなじみがよい。
 タイトルロールのレオ・ヌッチのほか、ファン・ディエゴ・フローレスやアンジェリカ・キルヒシュラーガーなど粒ぞろいの歌い手が揃っており、とても愉しむことができた。


 今日は、甘いものは食さず。
 あっ、違った。
 ニガムシが終わったあとで、缶に入ったおしるこを飲んだ(食べた)んだけど、これは何か薬臭いというか、ちっとも美味しくなかった。
 ごちそうさま…。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック