2013年12月07日

おわりのはじまり はじまりのはじまり(深夜のCLACLA)

 特定秘密保護法案が、参議院本会議で可決された。
 当初の法案、並びに修正案全文を何度も読み返してなお(読み返したからこそ)、大きな疑念の残る法律であり、とうてい納得のいくものではない。
 繰り返すが、問題は今すぐどうこうということではない。
 3年先、5年先、10年先にどうかということなのだ。


 おわりのはじまり。
 はじまりのはじまり。


 南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領が亡くなった。95歳。
 人種差別(アパルトヘイト)反対闘争の指導者で、長い年月を獄中で過ごしたのち、デクラーク大統領と会談、民主化を実現し、南アフリカ初の黒人大統領となった。
 また、デクラーク大統領とともにノーベル平和賞にも選ばれた。
 深く、深く、深く、深く黙祷。
>自由であるということは、自分自身の鎖を取り去るばかりではなく、他者の自由を尊重し向上させるように生きるということである<


 晴天。
 どんよりとした感じも強かったが。

 日中は穏やかな感じ。
 ただし、朝夕の冷え込みは厳しい。
 皆さん、くれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。


 昨夜、ナイナイのオールナイトニッポンを聴いたりしながら、3時半過ぎまで仕事関係の作業を進める。


 午前午後と、KBS京都の『妹尾和夫のパラダイスkyoto』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 原宏一の『ヴルスト!ヴルスト!ヴルスト!』<光文社>を読了する。
 前向きな気持ちになれる作品ではあった。


 お昼過ぎに外出し、仕事関係の予定をすませたのち、祗園四条から京阪で京橋まで出、親友とおち合う。

 で、近くのカフェで近況などあれこれ話しをしたのち、いずみホールへ移動し、フォルテピアノのアンドレアス・シュタイアーとヴァイオリンの佐藤俊介による「モーツァルト 未来へ飛翔する精神」の第3回目、二重奏&ソロの光と影を聴く。
 詳しくは、前回の記事(コンサート記録)をご参照のほど。
 親友との会話も含めて、ああ、面白かった。

 親友をJRの駅まで送ったのち、京阪で祗園四条へ戻り、買い物をすませて23時近くに帰宅する。


 遅めの夕飯後、コンサート記録の準備をしたり、雑件を片づけたりする。


 今日は、カフェでクレープケーキを食したほか、親友からコンサートのお礼にいただいた和菓子を食す。
 和菓子は、賞味期限の早いものから食したが、実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 以上、12月6日の日記。


 今日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック