2013年12月05日

改めて、特定秘密保護法案には反対です(CLACLA日記)

 特定秘密保護法案が参議院の特別委員会で強行可決され、本会議でも採決されようとしている。
 この法案の持つ危険性や問題点を解消しないまま、政府与党は会期中の法案成立を推し進めている。
 今すぐどうこうのことではない、3年先5年先10年先に起こるだろうことを考えると、僕は本当に危惧の念を抱かざるをえないのだ。
 はっきりとではないものの、20年以上も前にこうした状況が訪れるのではないかと予測していながら、結局それを押し留める努力を継続してこなかったことを反省する。
 そして、それでもなんとか負けの数を減らしていかなければとも強く思う。

 テロリズムの発生とそれを利用したフレームアップには、くれぐれも注意しておかないと。

 そういえば、特定秘密保護法案に対して、あの統一教会が賛成の意志を表わしているという。
 一事が万事。
 こういうところに、この法案のいかがわしさを感じざるをえない。
(桜田淳子の復活は、やはり「我が世の春」ということだったのか)


 俳優の来宮良子(きのみやりょうこ)が亡くなった。82歳。
 低くてぶれのない独特の声を活かし、洋画の吹き替えやナレーターとして活躍した。
 特に、『演歌の花道』や『マジカル頭脳パワー!!』が有名。
 深く、深く、深く黙祷。


 晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。

 日中は穏やかな感じ。
 それでも、朝夕は冷え込むが。
 皆さん、くれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。


 昨夜、4時過ぎまで仕事関係の作業を進める。


 午前午後と、デヴィッド・ジンマン指揮チューリヒ・トーンハレ管弦楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第1番&第2番、第3番「英雄」&第4番<Arte Nova>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、原宏一の『ヴルスト!ヴルスト!ヴルスト!』<光文社>を読み進めたりする。

 あと、昔なじみに頼まれた猫オペラのイラスト(猫がオペラの登場人物になっているというもの)を2枚ほど描く。
 抵抗と寛容ということで、『トスカ』と『後宮からの逃走』を選んだが、もともと巧くもないのを5年以上ぶりに描いたものだから、とても出来が悪い。
 がっくりだ。


 16時台に外出し、仕事関係の予定をすませる。
 その後、買い物をすませ、帰宅した。


 夕飯後、仕事関係の予定をすませる。


 その後、仕事関係の作業を進める。


 今日は、メリディエン・デーニッシュ・セレクションというバター・クッキーを食す。
 寺町通の業務スーパーで、税込み88円だったマレーシア原産のもの。
 オーソドックスなデンマーク風のクッキーで、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 繰り返すが。
 絶望とは虚妄である、希望がそうであるように。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック