2013年11月25日

雨の中、諸々用件予定を片づけた(CLACLA日記)

 雨、雨、雨。
 どんよりとしたお天気の一日。

 いくぶん気温が少々したか。
 湿度が高く、じめじめとして快ならず。
 皆さん、くれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。


 昨夜、ブログを連投したりしたのち、3時40分過ぎに寝床に就く。
 ただし、いろいろ考えごとをしていて、5時近くまで眠ることができず。


 特定秘密保護法案に関する地方公聴会が福島氏で開催される。
 強引に法案の可決を急ぐ政府与党だが、陳述者からは反対の声が続いたという。
 当然至極。


 何か窮地に立たされたら、どうせまた「だまされた」と口にするのだろう。
 何度だまされたら気がすむのか。


 午前中外出し、仕事関係の用件を片づけたのち下京図書館へ。
 沢村貞子の『わたしの茶の間』<講談社>、関川夏央の『昭和三十年代演習』<岩波書店>、和久井光司の『放送禁止歌手 山平和彦の生涯』<河出書房新社>を返却し、予約しておいた遅塚忠躬の『フランス革命を生きた「テロリスト」』<NHKブックス>、関谷博の『幸田露伴の非戦思想』<平凡社>、石田憲の『日独伊三国同盟の起源』<講談社選書メチエ>、徳永圭の『片桐酒店の副業』<新潮社>を新たに借りる。

 その後、仕事関係の予定をすませて帰宅した。


 帰宅後、youtubeにアップされたアイヴァー・ボルトン指揮デンマーク国立(DR)交響楽団が演奏したハイドンの交響曲第92番「オックスフォード」、キリル・カラビッツ指揮デンマーク国立(DR)交響楽団が演奏したハチャトゥリアンのバレエ音楽『ガイーヌ』組曲、ジョシュア・ワイラースタイン指揮デンマーク国立(DR)交響楽団が演奏したニールセンの『パンとシリンクス』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 綿矢りさの『しょうがの味は熱い』<文藝春秋>を読了し、『フランス革命を生きた「テロリスト」』を読み始める。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 帰宅後、ロジャー・ノリントン指揮チューリヒ室内管弦楽団が演奏したストラヴィンスキーの『兵士の物語』組曲他<SONY/BMG>を聴く。
 なんと来年4月の来日公演が中止になったというのである。
 がっくり!!!!


 途中夕飯を挟み、NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、アビブ弦楽4重奏団のコンサートのライヴ録音を聴く。
 メンデルスゾーンの弦楽4重奏曲第6番、シュルホフの弦楽4重奏曲第1番、シューベルトの弦楽4重奏曲第14番「死と乙女」が演奏されていた。


 続けて、NHKラジオ第1の『DJ日本史』を聴く。
 今回は「乱!ラン!RUN!」のタイトルで、壬申の乱や嘉吉の乱(室町幕府第六代将軍足利義教が赤松満祐に謀殺された事件)などがとり上げられていた。
 いやあ、なかなかマニアックだなあ。


 さらに、youtubeにアップされたベルナルト・ハイティンク指揮シカゴ交響楽団が演奏したハイドンの交響曲第44番「悲しみ」、ニコラス・マッギガン指揮シカゴ交響楽団が演奏した同じくハイドンの交響曲第59番「火事」、ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス指揮デンマーク国立(DR)交響楽団が演奏したウェーバーの歌劇『魔弾の射手』序曲、ニールセンの歌劇『仮面舞踏会』序曲、シベリウスの悲しきワルツ、マスカーニの歌劇『カヴァレリア・ルスティカーナ』間奏曲、ヴェルディの歌劇『椿姫』第1幕への前奏曲を聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、『フランス革命を生きた「テロリスト」』を読み進める。


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック