2013年11月25日

京都大学の学園祭NFに足を運んだ(深夜のCLACLA)

 晴天。
 いいお天気、いい青空の一日が続く。

 日中は穏やかな感じ。
 が、夜になって寒さがとてつもなく厳しくなる。
 皆さん、くれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。


 昨夜、youtubeにアップされたロジャー・ノリントン指揮フィンランド放送交響楽団が演奏したシューマンの交響曲第3番「ライン」を聴いたりしながら、4時頃まで仕事関係の作業を進める。


 7時台に目が醒め寝直せず、ブルーノ・ヴァイル指揮ターフェルムジークが演奏したハイドンの交響曲第45番「告別」〜第47番<SONY>やNHK・FMの『名演奏ライブラリー』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、綿矢りさの『しょうがの味は熱い』<文藝春秋>を読み進めたりする。


 正午過ぎに外出し、仕事関係の用件を片づけたのち、京都大学へ。
 学園祭NFの演劇企画(劇団ぞうもつと劇団ボヘミアン)や「  」会の企画を愉しむ。
 詳しくは、以前の記事(観劇記録)をご参照のほど。
 ああ、面白かった!

 実は、演劇企画の場所に着く前、コスプレか何かの企画につかまりかかったり、全く違う場所に入り込んでしまったりと大変で、早めに着いて本当に正解だった。

 劇団ボヘミアンの終演後、ちょっとだけ「  」会の会場をのぞいたがすでに終了後(予想通り)。

 その後、諸々あって、結局24時半頃帰宅した。


 以上、11月24日の日記。


 今日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 03:09| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック