2013年11月15日

腰を痛めて、『ラ・ボエーム』をFMで聴く(CLACLA日記)

 深夜から朝方にかけて、激しい雨。
 その後雨はやみ、青空へ。

 気温はそこそこ上昇か。
 それでも、肌寒い感じは残るが。
 皆さん、くれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。


 特定秘密保護法案に関して、野党の一部が修正どうのこうのと動きがしている。
 憲法解釈によって集団的自衛権が認められる云々かんぬんにしてもそうだけど、なんとも胡散臭くきな臭い話だ。


 昨夜、KBS京都でナインティナインのオールナイトニッポンを聴いたり、youtubeにアップされたマティアス・ゲオルク・ケンドリンガー指揮K&Kフィルが演奏したワーグナーの歌劇『恋愛禁制』序曲とヴェルディの歌劇『運命の力』序曲、アルトゥーロ・トスカニーニ指揮NBC交響楽団が演奏したカステルヌオーヴォ=テデスコの序曲『じゃじゃ馬ならし』と序曲『夏の夜の夢』(前者は1944年、後者は1945年の録音で、いずれも静止画像)を聴いたりしながら、4時近くまで仕事関係の作業を進める。


 5時過ぎに目が醒め、結局7時過ぎまで寝つけず。
 NHK・FMの『古楽の楽しみ』で、オルガンのマリ・クレール・アランとフライブルク・バロック・オーケストラが演奏したヘンデルのオルガン協奏曲ト短調作品番号4−1、リュートのコンラート・ユングヘーネルが弾いたヨハン・セバスティアン・バッハの組曲ホ長調、ニコラウス・アーノンクール指揮コンツェントゥス・ムジクス・ウィーンが演奏した同じくバッハのブランデンブルク協奏曲第3番を聴く。
 組曲ホ長調は、たまたま昨夜ギドン・クレーメルの演奏で聴いた無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番と同一曲。
 あなた妖しさが引き立つ演奏とすれば、こなた繊細でインティメートな雰囲気の濃い音色演奏だった。


 寝直して、正午過ぎに起きる。
 昨夜、シャワーの際に捻ったせいで腰が痛む。
 気圧やら気温の関係もあるのだろうが。
 本当は、京都文化博物館の映像シアターまで映画を観に行くつもりだったのだけれど、断念する。
 仕方ない。


 KBS京都の『パラダイスkyoto』を聴いたのち、NHK・FMの『オペラ・ファンタスティカ』で、コリン・デイヴィス指揮コヴェントガーデン・ロイヤル・オペラ管弦楽団他が演奏したプッチーニの歌劇『ラ・ボエーム』全曲(1979年、ステレオ・セッション録音)を聴く。
 ミミのカーティア・リッチャレッリの美声、ロドルフォのホセ・カレーラスの若々しく力強い歌いぶり、そしてデイヴィスのシンフォニックな音楽づくりと、これはなかなかの聴きものだった。
 その後、パリにまつわる様々な音楽が放送されていた。

 ほかに、youtubeにアップされたリカルド・ムーティ指揮ミラノ・スカラ・フィルが演奏したプッチーニの交響的奇想曲(CD録音)も聴く。
 『ラ・ボエーム』の冒頭部分の旋律がまんま表われることもあってのチョイス。
 そういえば、数年前の京都市交響楽団の定期演奏会で広上淳一がこの曲を指揮しているのを聴いたことがあったんだった。
 確か、広上さんが時折とり上げている作品の一つなはずだ。


 仕事関係の作業を進める。


 武田尚子の『鴨居羊子とその時代』<平凡社>を読了し、杉山隆男の『昭和の特別な一日』<新潮社>を読み始める。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。
 一人暮らしはこういうときが辛い。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMでトゥガン・ソヒエフ指揮NHK交響楽団の定期公演の実況中継を聴く。
 ボロディンの交響詩『中央アジアの草原にて』、ボリス・ベレゾフスキーをソロに迎えたラフマニノフのピアノ協奏曲第2番、プロコフィエフの交響曲第5番などが演奏されていた。

 続けて、デヴィッド・ジンマン指揮チューリヒ・トーンハレ管弦楽団が演奏したリヒャルト・シュトラウスの交響詩『英雄の生涯』&『死と変容』<Arte Nova>、youtubeにアップされたリカルド・ムーティ指揮フィラデルフィア管弦楽団が演奏したグルックの歌劇『アウリスのイフィゲニア』序曲、グエラシム・ヴォロンコフ指揮ヌーヴォ・モンド・チェンバー・オーケストラが演奏したケルビーニの演奏会用序曲とロッシーニの歌劇『ラ・チェネレントラ』序曲(いずれもゲネプロ録画)を聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、『昭和の特別な一日』を読み進めたりする。
 『昭和の特別な一日』は、戦後日本(東京)にとって特別な一日であるとともに、著者にとっても特別な一日を綴った一冊である。
 面白し。


 今日は、ローソンのとろけるチョコプリンケーキを食す。
 壬生のローソンストア100で、50円引きだったもの。
 チョコプリンをのせたココア地のスポンジケーキで、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック