2013年11月11日

寒さが厳しくなる(CLACLA日記)

 青空は見えつつも、小雨が降るなど、どんよりとしたお天気の一日。
 自転車で出かけようと思ったのだが、雨が強めにぱらつき始めたため断念する。
 やれやれ。

 気温、ぐぐんと下がり、寒さが厳しくなる。
 皆さん、くれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。


 台風30号の直撃により、フィリピンで大きな災害が発生したという。
 犠牲者の数も増えている。
 ああ。


 一言文句を云う前に
 ホレ国民よ ホレ国民よ
 あんたの政府を信じなさい
 ホレ信じなさい ホレ信じなさい
 秘密の保護法こんにちは
 表現の自由さようなら
 あんたの知らない明日がある
 ホレ明日がある ホレ明日がある
 どっこいここは通せんぼ
 秘密にゃ知れないわけがある
 あんたの政府を信じなさい
 ホレ信じなさい ホレ信じなさい


 昨夜、NHKのラジオ深夜便で、奈良岡朋子が演じる『黒い雨』を聴く。
 やはり粗さは感じたが、「ライヴ」ということも考えればなんのなんのである。
 劇団民藝(大滝秀治と)のことなどを聴けたのも、嬉しかった。

 その後、youtubeにアップされたミカエル・シェーンヴァント指揮オランダ放送室内フィルが演奏したブラームスの交響曲第4番を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 午前中、仕事関係の作業を進める。


 12時台に外出し、地下鉄で松ヶ崎へ。
 歩いてアトリエ劇研まで行き、K.I.T.の『地中』(角ひろみ脚本、柏木俊彦さん演出)を観る。
 詳しくは、前回の記事(観劇記録)をご参照のほど。
 ああ、面白かった!

 開演前終演後、柏木さんをはじめ、関係各氏と話しをしたりあいさつをしたりする。


 終演後、バスで河原町まで出、仕事関係の予定をすませる。

 その後、Avisでキズあり無料の中古CDを入手したり、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、早速入手したばかりのデヴィッド・ジンマン指揮チューリヒ・トーンハレ管弦楽団が演奏したリヒャルト・シュトラウスの交響詩『英雄の生涯』&『死と変容』<Arte Nova>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。
 CDのキズは、全く問題なし。
 ジンマンらしいスマートでクリアな音楽づくりで、実に聴きやすい演奏である。


 夕飯後、しばらく間を置いて、NHKラジオ第1の『DJ日本史』を聴く。
 良い家老悪い家老と、家老の話。


 仕事関係の作業を進めたり、松本健一の『原敬の大正』<毎日新聞社>を読み進めたりする。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック