2013年11月03日

雨がよく降るなあ(CLACLA日記)

 雨、雨、雨。
 雨降り。
 雨がよく降るなあ。

 じめじめとして、快ならず。
 皆さん、くれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。


 昨夜、丸山交通公園君と菅原タイル君によるユーストリーム中継を聴いて、久方振りに腹がよじれるほど笑う。
 丸山君の歌いぶりが見事だし、テンポのよいウケのタイル君もいい。
 ああ、面白かった!

 その後、ゲオルク・ショルティ指揮シカゴ交響楽団が演奏したロッシーニの歌劇『絹のきざはし』序曲とムソルグスキーの歌劇『ホヴァンシチーナ』前奏曲、ショルティ指揮バイエルン放送交響楽団が演奏したスッペの喜歌劇『スペードの女王』序曲と喜歌劇『詩人と農夫』序曲、ショルティ指揮ウィーン・フィルが演奏したベルリオーズの『ファウストの劫罰』からハンガリー行進曲、ショルティ指揮シカゴ交響楽団が演奏したワーグナーの歌劇『タンホイザー』序曲を聴いたりしながら、4時まで仕事関係の作業を進める。


 朝早めに起きて、ピアノのエリック・ル・サージュらが演奏したプーランクの室内楽曲全集の1枚目(フルート・ソナタや6重奏曲等)<RCA>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、吉田篤弘の『モナ・リザの背中』<中央公論新社>を読み進めたりする。


 12時台に外出し、市バスで清水道へ。
 東山青少年活動センターの創造活動室で「  」会を観る。
 詳しくは、前回の記事(観劇記録)をご参照のほど。
 ああ、面白かった!

 開演前終演後、関係各氏と話しをする。


 終演後、軽い夕飯をすませたのち、仕事関係の予定をすませ帰宅した。


 帰宅後、プーランクの室内楽曲全集の2枚目<RCA>、youtubeに投稿されたピアノのネルソン・フレイレとクラウス・ペーター・フロール指揮ロッテルダム・フィルが演奏したシューマンのピアノ協奏曲を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。
 それにしても、フロールは太ったなあ。


 『モナ・リザの背中』を読了する。
 その余韻。


 日本シリーズで楽天が巨人を破り、日本一となった。


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック