2013年11月01日

夕飯後のこと(おまけのCLACLA)

 夕方以降、気温がぐぐっと下がり、肌寒い感じが強い。
 皆さん、くれぐれもくれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。


 本当は夕飯後、仕事関係の予定が入っていたのだが、先方の都合で延期に。
 まあ、仕方ない。


 今日のNHK・FMのベスト・オブ・クラシックは、パス。
 正直、あまり面白くなさそうだったので。
 夕飯をとりながらラジオ第1のニュースを聴いたりする。
 KBS京都はスパン三世が終わったので、聴く気にならない。
(居抜きの番組なのだろう、コーナー自体があまり変わっていないため、かえって聴く気を失せさせる)


 夕飯後、イーヴォ・ポゴレリチが弾いたドメニコ・スカルラッティのソナタ集<ドイツ・グラモフォン>、youtubeに投稿されたフィリップ・ヘレヴェッヘ指揮オランダ放送室内フィルが演奏したベートーヴェンの交響曲第6番「田園」を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、吉田篤弘の『モナ・リザの背中』<中央公論新社>を読み進めたりする。
 ポゴレリチのスカルラッティは磨き抜かれた演奏で、何度耳にしてもほれぼれとしてしまう。
 一方、ヘレヴェッヘとオランダ放送室内フィルによる「田園」は、いわゆるピリオド・スタイルのスタンダードと呼びたくなるような演奏。


 今日は、山崎製パンの吹雪まん(つぶあん)を食す。
 近くのドラッグランドひかりで、半額、税込み42円だったもの。
 粒あんがたっぷり入った薄皮の饅頭で、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 改めて、明日がいい日でありますように!
 そして、11月がいい月でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック