2013年10月24日

台風が近づいている(CLACLA日記)

 台風27号、28号接近の影響で、どんよりとしたお天気の一日。
 夕方には激しい雨降りとなる。
 やれやれ。

 湿度が高い分、じめじめとしてあまり快ならず。


 昨夜、youtubeに投稿された、バリトンのディートリヒ・フィッシャー=ディースカウがシャーンドル・ヴェーグ指揮ヨーロッパ室内管弦楽団の伴奏で歌ったモーツァルトのコンサート・アリア(4曲)やダニエル・バレンボイムが弾いたベートーヴェンのピアノ・ソナタ第1番を聴いたりしながら、4時40分過ぎまで仕事関係の作業を進めたり、笹沢信の『ひさし伝』<新潮社>を読み進めたりする。


 午前中外出し、仕事関係の用件を片づける。
 ついでに近くのコンビニで、週刊文春の小林信彦の連載エッセイを立ち読みする。
 先頃亡くなった、やなせたかしを悼む内容となっていた。


 帰宅後、ヴァレリー・ゲルギエフ指揮サンクト・ペテルブルク・マリンスキー(キーロフ)劇場管弦楽団が演奏したチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」&幻想序曲『ロメオとジュリエット』<PHILIPS>を2回聴き、CDレビューをアップする。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。
 ほかに、トーマス・ヘンゲルブロック指揮ハンブルクNDR交響楽団が演奏したシューベルトの交響曲第8番「ザ・グレート」<SONY/BMG>も聴く。


 仕事関係の作業を進めたり、『ひさし伝』を読み進めたり、文書類の整理を行ったりする。


 隣室の莫迦がかまびすしい。
 うっとうしいかぎり。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 途中夕飯を挟んで、NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、ヴァシリー・シナイスキー指揮フランス国立管弦楽団のコンサートのライヴ録音を聴く。
 ドヴォルザークの序曲『謝肉祭』、ジュリアン・ラクリンを独奏に迎えたメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲、シベリウスの交響曲第1番などが放送されていた。
 シベリウスの交響曲は、音楽の勘どころ盛り上げどころをよく心得た熱演で、生で聴いたら興奮しただろうなと思う。


 続けて、メゾ・ソプラノのマグダレーナ・コジェナーがサイモン・ラトル指揮エイジ・オブ・エンライトゥンメント管弦楽団の伴奏で歌ったモーツァルトのアリア集<ARCHIV>を聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、『ねちこい男』という短篇小説について考えたり、『ひさし伝』を読み進めたりする。


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック