2013年10月21日

楠堂葵さんの水彩画展を拝見した(CLACLA日記)

 どんよりとした感じはありつつも、いいお天気、いい青空へ。
 晴天の一日。

 気温もけっこう上昇する。
 まあ、暑いというほどではなかったが。
 皆さん、くれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。


 コラムニストの天野祐吉が亡くなった。80歳。
 『広告批評』(島森路子も今年亡くなったんだった)を創刊し、広告批評CM批評を通じてこの国のあり様に鋭い指摘を続けてきた。
 また、テレビやラジオにも活発に出演したほか、朝日新聞に「私のCMウォッチング」、「CM天気図」を長年連載した。
 花田清輝の系譜というと語弊があるかな、軽みをおびてわかりやすい、けれどしっかり筋の通った文章の書き手で、僕も学ぶところ刺激を受けるところ大だった。
 深く、深く、深く、深く黙祷。

 そういえば、天野さんはクラシック音楽が好きだったんだよなあ。


 昨夜、youtubeに投稿された『伊集院光の深夜の馬鹿力』の一部や、フォルテピアノのスティーヴン・ルービンが弾いたモーツァルトのきらきら星(ああ、ママに言うわ)変奏曲、内田光子がカメラータ・ザルツブルクを弾き振りした同じくモーツァルトのピアノ協奏曲第13番を聴いたりしながら、5時半近くまで仕事関係の作業を進める。


 正午過ぎに起きて、ヴァレリー・ゲルギエフ指揮サンクト・ペテルブルク・マリンスキー(キーロフ)劇場管弦楽団が演奏したチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」&幻想序曲『ロメオとジュリエット』<PHILIPS>、ピアノのスヴェトラ・プロティッチが弾いたモーツァルトのピアノ・ソナタ第15番、きらきら星変奏曲、ソナタ第8番、第11番「トルコ行進曲つき」<キング>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 青木正美の『ある「詩人古本屋」伝』<筑摩書房>を読了する。


 16時台に外出し、仕事関係の予定をすませたのち大丸へ。
 6階美術画廊で開催されている楠堂葵さんの水彩画展「〜からまる〜」を拝見する。

 とても細やかな作業が行われているはずなのだけれど、そうしたことばかりでなく、楠堂さんが描こうとするものやこと、そして繊細でありながら感情豊かな色遣いに心奪われる。
 いやあ、眼福眼福。

 作品をじっくり拝見したあと、楠堂さんと少しお話させていただくこともできた。
 本当にありがとうございました。

 明日までの開催ということで、お時間おありの方はぜひ!


 その後、仕事関係の用件を片づけたのち京都芸術センターへ。
 藤本隆志さんと遭遇して、しばらく話しをした。
 藤本さんから、京都国際舞台芸術祭のShe She Pop(これは観ておきたかったのだけれど、観ることができなかった…)関連の企画があると聴き、できれば参加したかったのだが、あとの予定が詰まっていたため、やむなく京都芸術センターをあとにする。
 どうにも残念。


 で、19時半頃にいったん帰宅する。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、アレクサンドル・ヴェデルニコフ指揮フランス放送フィルのコンサートのライヴ録音を聴く。
 ドビュッシー(ホロウェイ編曲)の『白と黒で』、ピアノと管弦楽のための幻想曲(ジャン・フレデリック・ヌーブルジェの独奏)、チャイコフスキーの交響曲第4番などが演奏されていた。
 ヴェデルニコフといえば、マルタ・アルゲリッチとのショスタコーヴィチのピアノ協奏曲第1番でスイス・イタリア管弦楽団をよくドライヴして見事な伴奏を披歴していたが、今回もコントロールのよくきいた音楽を造り上げていた。
 中でも、ドラマティックでクリアなチャイコフスキーが印象に残る。


 夕飯後、仕事関係の予定をすませる。


 今日は、ロピアのプチ・ティラミスを食す。
 近くのドラッグランドひかりで、50パーセント引き、税込み64円だったもの。
 ティラミス風のプチカップケーキで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 日本シリーズは、楽天と巨人の対決か。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック