2013年10月17日

晴天の一日(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空の一日。

 気温は今日もあまり上昇せず。
 夕方以降、肌寒い感じが増す。
 皆さん、くれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。


 アメリカ政府のデフォルト(債務不履行)が回避された。
 いろいろと考えることあり。


 いわゆる名張毒ブドウ酒殺人事件の奥西勝死刑囚の再審請求について、最高裁は奥西死刑囚の特別抗告を棄却した。
 つまるところ、これは帝銀事件の故平沢貞通死刑囚と同じなのではないのか。
 87歳の奥西死刑囚が亡くなることを、司法(政府)の側は待っているという意味で。


 5時近くまで、仕事関係の作業を進める。


 正午過ぎてから起きる。


 デヴィッド・ジンマン指揮チューリヒ・トーンハレ管弦楽団が演奏したシューベルトの交響曲第8番「ザ・グレート」<SONY/BMG[RCA]>、バリトンのクリスティアン・ゲルハーエルがケント・ナガノ指揮モントリオール交響楽団の伴奏で歌ったマーラーの声楽曲集<同>を聴いて、それぞれのCDレビューをアップする。
 詳しくは、前々回前回の記事をご参照のほど。

 ほかに、ヴァレリー・ゲルギエフ指揮サンクト・ペテルブルク・マリンスキー(キーロフ)劇場管弦楽団が演奏したチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」&幻想序曲『ロメオとジュリエット』<PHILIPS>も聴く。


 仕事関係の作業を進めたり、中里友香の『カンパニュラの銀翼』<早川書房>を読み進めたりする。


 16時台に外出し、仕事関係の予定をすませ、京都芸術センターに寄り、夕飯用の買い物をすませて、18時過ぎに帰宅した。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、シュヴェツィンゲン音楽祭における、ミヒ・ガイック指揮オルフェオ・バロック・オーケストラのコンサートのライヴ録音を聴く。
 モーツァルトの交響曲第21番、グレトリーの歌劇『ゼミールとアゾール』抜粋他(ソプラノのゾフィー・カルトホイザーの独唱)、モーツァルトの交響曲第33番が演奏されていた。
 ほかに、余った時間で、レオポルド・モーツァルトのシンフォニア・ブルレスコのCD録音も放送される。

 続けて、ゲルギエフによるチャイコフスキーのCDを再び聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、『カンパニュラの銀翼』を読み進めたりする。
 ほかに、福永文夫の『大平正芳』<中公新書>の拾い読みもした。


 今日は、クリームクラン・ピーナッツクリームクッキーを食す。
 近くのダイソーで購入した、マレーシア原産のもの。
 ピーナッツクリーム入りの小ぶりなクッキーで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 5年後、ヨーロッパで長期的に暮らすことができるよう努力していかなければ。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック