2013年10月09日

結局、台風はそれた(CLACLA日記)

 台風24号の影響で、午前中は強い雨。
 が、台風が日本海沖にそれるとともに、青空が見え始め、いいお天気となる。
 その後再び雨が降るも、しばらくしてやんだ。

 気温は上昇。
 湿度が高い分、むしむしじめじめとして快ならず。


 昨夜、4時半近くまで仕事関係の作業を進める。


 8時過ぎには起きて、天気の様子見。
 日和見。

 で、10時ちょうどに外出し、地下鉄でくいな橋へ。
 龍谷大学深草学舎で被害者学を受講する。
 学生さんたちのまじめさにちょっと感心した。

 講義終了後、学内のグリルでランチをごちそうになり、14時過ぎに帰宅した。


 帰宅後、デヴィッド・ジンマン指揮チューリヒ・トーンハレ管弦楽団が演奏したシューベルトの交響曲第8番「ザ・グレート」<SONY/BMG[RCA]>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMでロジャー・ノリントン指揮NHK交響楽団の定期公演の実況中継を聴く。
 グルックの歌劇『アウリスのイフィゲニア』序曲(ワーグナー編曲)、ロバート・レヴィンの独奏によるベートーヴェンのピアノ協奏曲第2番、7つのバガテルから第7曲(レヴィンによるアンコール)、交響曲第6番「田園」が演奏されていた。
(ほかに、余った時間でノリントン指揮ロンドン・クラシカル・プレイヤーズが演奏したヘンデルの王宮の花火の音楽のCD録音から一部が放送された)
 特に、田園交響曲で顕著だったが、いわゆるピリオド・スタイル、というよりもノリントン・スタイルとでも呼ぶべき独特な楽曲処理が施された仕掛けに満ちた演奏で、やってるやってる感満載の音楽に仕上がっていた。
 それにしても、ノリントンやクリストファー・ホグウッド、マルク・ミンコフスキ(ホグウッドとミンコフスキは、来年東京都交響楽団に客演予定)らが、ようやく当たり前のこととして日本のオーケストラを指揮するようになった。
 いろいろと考えることがある。


 続けて、バリトンのクリスティアン・ゲルハーエルがケント・ナガノ指揮モントリオール交響楽団の伴奏で歌ったマーラーの声楽曲集<SONY/BMG>、ヴァレリー・ゲルギエフ指揮サンクト・ペテルブルク・マリンスキー(キーロフ)劇場管弦楽団が演奏したチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」&幻想序曲『ロメオとジュリエット』<PHILIPS>を聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進める。


 岩橋邦枝の『評伝野上彌生子』を読了する。
 その人柄、思考は置くとしても、99歳の死の間際まで創作活動を続けた野上彌生子には、やはり敬意の念を抱かざるをえない。
 自省あるのみ。

 ほかに、福永文夫の『大平正芳』<中公新書>の拾い読みもした。


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック