2013年10月03日

映画の台詞を読み込んだりした一日(CLACLA日記)

 どんよりとした感じはありつつも、一応青空の見えるお天気。

 気温はぐっと下がり、涼しい一日となる。
 夕方以降は、肌寒し。
 皆さん、くれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。


 昨日は、午前中龍谷大学の深草学舎で被害者学を受講する。

 午後は、夕方前に外出して、仕事関係の予定や映画関係の打ち合わせをすませたあとUrbanguildに移動し、努力クラブの必見コント集『流したくない涙を流した』を観る。
 詳しくは、前回の記事(観劇記録)をご参照のほど。

 終演後、ばらしを手伝い、打ち上げにも参加する。

 で、午前2時近くに帰宅した。


 明け方5時過ぎに就寝する。
 隣室の莫迦がかまびすしい。
 やれやれ。


 正午過ぎに起きて、バリトンのクリスティアン・ゲルハーエルがケント・ナガノ指揮モントリオール交響楽団の伴奏で歌ったマーラーの声楽曲集<SONY/BMG>(2回)、デヴィッド・ジンマン指揮チューリヒ・トーンハレ管弦楽団が演奏したシューベルトの交響曲第8番「ザ・グレート」<同[RCA]>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、5日に撮影予定の映画の台詞を読み込んだりする。


 村田沙耶香の『タダイマトビラ』<新潮社>を読了する。


 夕方前に外出し、仕事関係の用件をすませたのち下京図書館へ。
 『タダイマトビラ』、坪内祐三の『総理大臣になりたい』<講談社>、山本智之の『主戦か講和か』<新潮選書>、西村賢太の『一日』<文藝春秋>、綿矢りさの『かわいそうだね?』<同>、吉田篤弘の『木挽町月光夜咄』<筑摩書房>を返却し、吉川潮の『談志歳時記』、立川談四楼の『談志が死んだ』、岩橋邦枝の『評伝野上彌生子』、綿矢りさの『ひらいて』、高尾長良の『肉骨茶』<いずれも新潮社>を新たに借りる。
 で、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、『談志歳時記』を読み始める。


 夕飯後、シューベルトとマーラーのCDを聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、映画の台詞を読み込んだり、『談志歳時記』を読み進めたりする。


 夜になって、隣室の莫迦がまたぞろうるさい。
 度し難し。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック