2013年09月26日

HMVからCDが届いた(CLACLA日記)

 どんよりとした感じは増してきたが、一応晴天。
 青空が見えていた。

 気温がぐっと下がり、涼しい一日となる。
 夕方以降は肌寒さすら感じたほど。
 皆さん、くれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。


 5時近くまで、仕事関係の作業を進める。


 朝早めに起きて、仕事関係の作業を進める。


 案の定、涼しくなったら涼しくなったで、真向かいのマンションがかまびすしい。
 近所迷惑を考えぬ人間には、本当に腹が立つ。
 度し難し。


 10時台に、HMVのサイトで注文しておいたCDが届く。
 が、その前にエロイカ・カルテットが演奏したシューマンの弦楽4重奏曲第1番〜第3番<ハルモニアムンディ・フランス>とニコラウス・アーノンクール指揮コンツェントゥス・ムジクス・ウィーンが演奏したハイドンの交響曲第30番「アレルヤ」、第53番「帝国」、第69番「ラウドン」<TELDEC>を聴いて、それぞれのCDレビューをアップする。
 詳しくは、前々回前回の記事をご参照のほど。


 そして、HMVから届いたデヴィッド・ジンマン指揮チューリヒ・トーンハレ管弦楽団が演奏したシューベルトの交響曲第8番「ザ・グレート」<SONY/BMG RCA>、バリトンのクリスティアン・ゲルハーエルがケント・ナガノ指揮モントリオール交響楽団の伴奏で歌ったマーラーの声楽曲集<同>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、新しい作品について考えたりする。
 ジンマンの「ザ・グレート」は、クリアでシャープな音楽づくり。
 管楽器のソロの装飾音も興味深い。
 また、マーラーではゲルハーエルのコントロールのよくきいた歌唱が光る。


 山本智之の『主戦か講和か』<新潮選書>を読了する。
 いろいろと考えることあり。


 続けて、西村賢太の『一日』<文藝春秋>を読み始める。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、ミヒャエル・ザンデルリンク指揮ドレスデン・フィルの来日公演のライヴ録音を聴く。
 ベートーヴェンの交響曲第7番、ブラームスの交響曲第1番とハンガリー舞曲第5番が演奏されていた。
 これは、生の演奏に触れておきたかったなあ。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、『一日』を読み進めたりする。
 ほかに、『長谷川如是閑評論集』<岩波文庫>の拾い読みもした。
>(前略)今日までの中等教育の欠陥が、建国の本義や国対の尊厳や忠孝の大義や等々の徹底しないためだと考えているものがあったならば、それは決して専門家の教育家ではなく、枢密院あたりの隠居であろう。
(中略)今現に、組織の内的矛盾のために教育が行詰ったのを如何にすべきかという実際的の問題の起こっている際に、建国の本義や国対の尊厳やをもって中等教育の「要旨」であると叫ぶのは、そのこと自身は間違いでもなんでもないにしても、時と場合を弁えさるの甚しきものである。
 それは丁度、「明日からどうして飯を喰おうか」という問題の起こっている時に「カントの哲学こそ生活の本義である」と怒鳴るようなもので、カントの哲学は間違いでないということをもって、その馬鹿らしい提言を馬鹿らしくはないというわけには行くまい(後略)<
(長谷川如是閑「滑稽な中等教育の要旨」より)


 今日も甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 なんでも開き直ればいいってもんじゃないだろう。
 と、思ってしまうことあり。


 プロ野球パリーグで、楽天イーグルスがリーグ優勝を決めたとのこと。
 おめでとうございます!
(松田さん、喜んでいるだろうなあ)


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック