2013年09月23日

三連休最終日 うるさいのなんの(CLACLA日記)

 世は三連休の最後の日。


 晴天が続く。
 いいお天気、いい青空の一日。

 気温は、今日もそれなりに上昇する。
 まだまだ日中は暑いや。


 昨夕外出し、OKageの『阿久根弥五郎の世界』と鯖ゼリーの第一回公演『鯖からミシン』を観たのち諸々あって、帰宅が朝の6時台となる。


 ちょっとした連絡作業をすませ、8時台に就寝するが、隣室の莫迦がうるさくするわ、真向かいのマンションがうるさくするわでほとんど眠ることができず。
 おまけに、いつも朝から胴間声張り上げてかまびすしい、近くの近畿産業信用組合の面々が、あいさつの練習と称して休日にも関わらず大きな声を張り上げる。
 近隣住民の迷惑も鑑みず、休日に行員を平然と狩り出し、サービスでもなんでもないただただ「やってますよ」の自己満足アピールを撒き散らして自ら陣頭にも立とうとしない幹部陣の莫迦は、万死に価する。
 建物自体リニューアルしたところで、旧態依然とした幹部陣の脳みそをリニューアルしなければ、この近畿産業信用組合に未来はあるまい。
 猛省を促したい。


 お昼過ぎに外出し、仕事関係の予定をすませたのち下京図書館へ行き、玖村まゆみの『凸凹サバンナ』<講談社>、野口武彦の『慶喜のカリスマ』<同>、戌井昭人の『すっぽん心中』<新潮社>、西村賢太の『寒灯』<同>と『棺に跨がる』<文藝春秋>、中山七里の『静おばあちゃんにおまかせ』<同>を返却し、予約しておいた綿矢りさの『かわいそうだね?』<同>、西村賢太の『一日』<同>、坪内祐三の『総理大臣になりたい』<講談社>、山本智之の『主戦か講和か』<新潮選書>、村田沙耶香の『タダイマトビラ』<新潮社>、吉田篤弘の『木挽町月光夜咄』<筑摩書房>を新たに借りる。


 帰宅後、ニコラウス・アーノンクール指揮コンツェントゥス・ムジクス・ウィーンが演奏したハイドンの交響曲第30番「アレルヤ」、第53番「帝国」、第69番「ラウドン」<TELDEC>、エロイカ・カルテットが演奏したシューマンの弦楽4重奏曲第1番〜第3番<ハルモニアムンディ・フランス>を聴いたりしながら、観劇記録の下書き投稿を行ったり、『総理大臣になりたい』を読み始めたりする。


 18時半過ぎに再び外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 夕飯後、トン・コープマン指揮アムステルダム・バロック・オーケストラが演奏したモーツァルトの交響曲第29番、第33番、第25番<ERATO>を聴く。
 続けて、NHKラジオ第1で『シワ・ハウス』を聴く。
 中高年の集まるシェア・ハウス「シワ(皺)・ハウス」を舞台にしたラジオコメディーで、小松政夫、春風亭昇太、重田千穂子、小原乃梨子らが出演していた。


 仕事関係の作業を進めたり、『総理大臣になりたい』を読み進めたりする。


 今日は、クリームクラン・ピーナッツクリームクッキーを食す。
 近くのダイソーで購入した、マレーシア原産のもの。
 ピーナッツクリーム入りの小ぶりなクッキーで、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック