2013年09月21日

石田太郎が亡くなった(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。

 日中はまだまだ暑い。
 そして、夕方以降の気温の差が激しい。
 皆さん、くれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。


 俳優の石田太郎が亡くなった。69歳。
 京都市出身で、劇団雲や劇団昴に所属するなど舞台で活動したほか、テレビドラマや映画でも活躍した。
 長身で恰幅のよい体格から豪放磊落な、それでいて一筋縄でいかない人物を得意とし、シリアスからコミカルな役柄まで幅広く演じた。
 大河ドラマ『伊達政宗』での政宗(渡辺謙)の父伊達輝宗(北大路欣也)を殺す畠山義継、同じく大河ドラマ『葵・徳川三代』での大久保忠隣が特に印象に残る。
 また、低くて柔らかい声質の持ち主で、映画の吹き替えやテレビアニメの声優としても知られた。
 特に、刑事コロンボ等、劇団の先輩で物真似を得意としていた小池朝雄の持ち役を引き継いだことで有名である。
 東宝所属の俳優だった父石田茂樹同様僧侶でもあり、『いもたこなんきん』や『古畑中学生』で僧侶の役を演じていた。
 津川雅彦のグランパパプロダクション所属。
 フジテレビ系のドラマ『独身貴族』撮影中、倒れたとのこと。
 深く、深く、深く、深く黙祷。


 結局、明け方5時過ぎまで諸々作業を進める。


 午前中一度目が醒めたが、覚悟の昼寝坊。
 正午過ぎに起きる。


 エロイカ・カルテットが演奏したシューマンの弦楽4重奏曲第1番〜第3番<ハルモニアムンディ・フランス>、トン・コープマン指揮アムステルダム・バロック・オーケストラが演奏したモーツァルトの交響曲第29番、第33番、第25番<ERATO>、ニコラウス・アーノンクール指揮コンツェントゥス・ムジクス・ウィーンが演奏したハイドンの交響曲第30番「アレルヤ」、第53番「帝国」、第69番「ラウドン」<TELDEC>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『モノは試し』の手直しを行ったりする。


 中山七里の『静おばあちゃんにおまかせ』<文藝春秋>を読み始める。


 夕方前に外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 帰宅後、NHK・FMで、ヘルベルト・ブロムシュテット指揮NHK交響楽団の定期公演の実況中継を聴く。
 ブラームスの交響曲第2番と第3番がプログラミングされていた。
 いずれも若々しくて、エネルギッシュで爽快な演奏。


 しばらく間を置いて、NHK・FMの『クラシックの迷宮』を聴き、エロイカ・カルテットが演奏したシューマンの弦楽4重奏曲第1番〜第3番を再び聴く。


 夕飯後、『静おばあちゃんにおまかせ』を読了したあと、急な用件が入りばたばたとする。
 で、なんとか一段落着いた。


 今日も甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック