2013年09月13日

お芝居を観たあと、中古CDを購入した(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空の一日となる。

 気温は今日も上昇し、暑さがとても厳しい。
 皆さん、くれぐれも熱中症にはお気をつけくださいね。


 昨夜、KBS京都でナインティナインのオールナイトニッポンを聴いたりしながら、4時過ぎまで仕事関係の作業を進めたり、新しい作品について考えたりする。


 午前中、KBS京都の『妹尾和夫のパラダイスkyoto』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、新しい作品について考えたり、『谷啓 笑いのツボ人生のツボ』<小学館>を読み進めたりする。


 13時過ぎに外出し、自転車で下鴨方面へ。
 で、人間座スタジオで、fukuiii,5の『大勇者伝』と『ロマンス』を観る。
 詳しくは、前回の記事(観劇記録)をご参照のほど。

 開演前終演後、関係各氏と話しをしたり、挨拶をしたりする。


 終演後、河原町まで出て仕事関係の用件を片づけたのち、Avisで中古CDを2枚購入する。
 税込み812円なり。

 で、夕飯用の買い物をすませ、19時近くに帰宅した。


 帰宅後、購入したばかりのニコラウス・アーノンクール指揮コンツェントゥス・ムジクス・ウィーンの演奏したハイドンの交響曲第30番「アレルヤ」、第53番「帝国」、第69番「ラウドン」<TELDEC>(税込み459円)を聴く。
 アーノンクールらしい、メリハリのきいた演奏だ。

 続けて、エロイカ・カルテットが演奏したシューマンの弦楽4重奏曲第1番、第2番、第3番<ハルモニアムンディ・フランス>を聴く。
 アーノンクール指揮のハイドン同様、こちらもピリオド楽器による団体だが、インティメートな雰囲気の強い演奏となっている。

 さらに、再びハイドンのCDを聴く。
 繰り返して聴くほどに、面白さが増す演奏だと思う。


 夕飯後、『谷啓 笑いのツボ人生のツボ』を読了し、観劇記録の準備をすませる。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック