2013年09月01日

今日から9月(CLACLA日記)

 今日から9月。
 2013年も、残すところ4ヶ月を切った。
 一日一日を本当に大切にして、為すべきことをしっかり為していかなければ。
 そして、死を忘れないこと。


 どんよりとしたお天気の一日。
 なんたることか、外出間際の正午前後に激しい雨降りとなり、雷鳴も轟く。
 そして、劇団愉快犯の公演が終わる頃には、ちらと青空も見える始末。
 交通費…。

 湿度が高く、じめじめむしむしとして快ならず。


 昨夜、youtubeにアップされたダニエル・ハーディング指揮ウィーン・フィルが演奏したモーツァルトの歌劇『ドン・ジョヴァンニ』序曲、ファビオ・ルイジ指揮ウィーン交響楽団が演奏した歌劇『フィガロの結婚』序曲、マッシモ・ザネッティ指揮NHK交響楽団が演奏した歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』序曲、フランス・ブリュッヘン指揮18世紀オーケストラとルイジ指揮ウィーン響が演奏した歌劇『後宮からの逃走』序曲、リカルド・ムーティ指揮ウィーン・フィルが演奏したヴェルディの歌劇『運命の力』序曲を聴いたりしながら、5時近くまで仕事関係の作業を進める。

 その後6時過ぎまで寝つけなかったが、8時台には目が醒める。
 カフェインも摂っていないのに、どういうこっちゃ!


 NHK・FMの『名演奏ライブラリー』で、オルフェウス室内管弦楽団が演奏したレスピーギの組曲『鳥』、コダーイの『夏の夕べ』、リヒャルト・シュトラウスのフランソワ・クープランのクラヴサン曲による小管弦楽のためのディヴェルティメント、プロコフィエフの古典交響曲などを聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。
 ほかに、許光俊と鈴木淳史の『クラシックCD名盤バトル』<洋泉社新書y>の拾い読みもしたりした。


 13時少し前に外出し、地下鉄で松ヶ崎へ。
 で、歩いて人間座スタジオへ行き、劇団愉快犯の番外公演『今日のおばんざい』を観る。
 詳しくは、前回の記事(観劇記録)をご参照のほど。

 開演前終演後、関係各氏とあいさつをしたり話しをしたりする。


 終演後、市バスで河原町まで出て仕事関係の用件を片づけ、ロフトでパイロットのVコーンペンを見つけたので購入し、ブックオフやAvisをのぞき、京都芸術センターに寄って帰宅する。


 帰宅後、ジョン・エリオット・ガーディナー指揮イングリッシュ・バロック・ソロイスツが演奏したモーツァルトの交響曲第36番「リンツ」<PHILIPS>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、観劇記録の準備を行ったりする。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『ブラボー!オーケストラ』で、三ツ橋敬子指揮東京フィルのコンサートのライヴ録音を聴く。
 テノールの中鉢聡が歌ったディ・カプアの『オー・ソレ・ミオ』、デンツァの『フニクリ・フニクラ』、プッチーニの歌劇『トスカ』から「星はきらめき」のほか、ロッシーニの歌劇『ウィリアム・テル』序曲、ヴェルディのアイーダ・シンフォニア、ポンキエルリの歌劇『ジョコンダ』から「時の踊り」が演奏されていた。
 中鉢聡は、サービスもあってか「テノール馬鹿」という言葉を思い起こさせるような歌いとばしぶりだったが、ちょっと声に粗い感じがしたのも事実。


 しばらく間を置いて、リナルド・アレッサンドリーニ指揮ノルウェー歌劇場管弦楽団が演奏したモーツァルトの序曲集<naïve>を聴く。

 さらに、youtubeにアップされているクラウディオ・アバド指揮ウィーン・フィルが演奏したロッシーニの歌劇『どろぼうかささぎ』序曲、カルロス・クライバー指揮ウィーン・フィルが演奏したヨハン・シュトラウスの喜歌劇『こうもり』序曲、マリス・ヤンソンス指揮ベルリン・フィルが演奏したウェーバーの歌劇『オベロン』序曲を聴く。
 どろぼうかささぎとこうもりは、ニューイヤーコンサートにおける演奏である。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、新しい作品について考えたり、服部龍二の『広田弘毅』<中公新書>の拾い読みをしたりする。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック