2013年08月31日

やっぱり松村邦洋は凄いや(深夜のCLACLA)

 台風15号の影響で、どんよりとしたお天気の一日。
 雨も降る。

 気温は上昇し、じめじめむしむしとして快ならず。


 昨夜、KBS京都でナインティナインのオールナイトニッポンを聴いたりしながら、4時頃まで仕事関係の作業を進める。
 ナイナイのオールナイトニッポンは、「半分直樹」と称して、松村邦洋が登場。
 半沢直樹の堺雅人をはじめ、ビートたけし、西田敏行、掛布、立川、ノムさんといったおなじみ物真似の数々を披歴して圧巻だった。
 特に、十八番中の十八番、ビートたけしは凄かったなあ。
 ああ、面白かった!


 KBS京都の『妹尾和夫のパラダイスkyoto』や、アンドレア・マルコン指揮ラ・チェトラが演奏したモーツァルトの序曲集<ドイツ・グラモフォン>、youtubeにアップされているヨハネス・レールタウアー指揮ニューユトレヒト・フィル(ピリオド楽器によるオーケストラ)が演奏したワーグナーのジークフリート牧歌やブラームスのセレナード第1番の第1楽章のライヴ音源を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。
 ほかに、許光俊と鈴木淳史の『クラシックCD名盤バトル』<洋泉社新書y>の拾い読みもした。

 ところで、ニューユトレヒト・フィルについて調べていて、同じオランダのブラバント管弦楽団とリンブルフ交響楽団(マーストリヒト交響楽団)が合併して南ホラント・フィルという団体に変わったらしいことがわかる。
 経済的な問題もあってか、オランダではオーケストラの再編がずっと続いているようだ。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 夕飯後再び外出し、京都大学西部講堂裏手の小部屋で、豊島勇士君の一人芝居『イカロスの飛行』(レイモン・クノー原作、伊藤元晴君構成・演出)を観る。
 詳しくは、前回の記事(観劇記録)をご参照のほど。

 開演前終演後、関係各氏と話しをしたりあいさつをしたりする。


 23時台に帰宅後、シャワーを浴び、観劇記録の準備をし、仕事関係の作業を進める。


 以上、8月30日の日記。


 今日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック