2013年08月26日

だいぶん涼しくなってきた(CLACLA日記)

 青空は見えつつも、どんよりとした感じも強いお天気。

 気温はだいぶん下がり、涼しさを感じた一日となる。
 この調子で、どんどん涼しくなってくれればいいが。
 どうやら暑さがぶり返すみたい。
 やれやれ。


 明け方5時まで、フォルテピアノのオルガ・トヴェルスカヤが弾いたシューベルトのピアノ・ソナタ第13番&第6番他<Opus111>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。
 このCDと同じOpus111レーベルに印象的な録音を少なからず残したトヴェルスカヤだけど、いったい今はどこでどうしているんだろう。


 午前中、仕事関係の予定をすませたのち、毎週恒例の洗濯をすませる。
 乾き、そこそこ。
 まあ、仕方ない。


 お昼過ぎに再び外出し、雑件をいくつか片づける。


 帰宅後、ゲオルク・ショルティ指揮ロンドン・フィルが演奏したハイドンの交響曲第96番「奇蹟」&第101番「時計」<DECCA>、ソプラノのルチア・ポップとクラウス・テンシュテット指揮ロンドン・フィルが演奏したマーラーの交響曲第4番<EMI>、マティアス・バーメルト指揮ロンドン・フィルが演奏したパリーの交響曲第5番他<CHANDOS>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、島田雅彦の『ニッチを探して』<新潮社>を読み始めたりする。


 夕方になってまたも外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 夕飯後、クリストフ・フォン・ドホナーニ指揮クリ―ヴランド管弦楽団他が演奏したスメタナの管弦楽曲集(おなじみ『モルダウ』や歌劇『売られた花嫁』序曲等)<DECCA>、オリヴァー・ナッセン指揮クリ―ヴランド管弦楽団他が演奏したストラヴィンスキーのバレエ音楽『妖精の口づけ』(チャイコフスキーの作品を下敷きにしたもの)他<ドイツ・グラモフォン>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『ニッチを探して』を読み進めたりする。
 ほかに、許光俊の『生きていくためのクラシック』<光文社新書>の拾い読みもした。


 今日は、ロピアのプチティラミスを食す。
 近くのドラッグストアひかりで、半額引き、税込み64円だったもの。
 ティラミスをイメージしたクリームとスポンジケーキのカップ菓子で、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 どうにもこうにも薄気味の悪い状況である。


 プロ野球の元東映投手で、日拓、ヤクルト、日本ハムの監督を務めた土橋正幸が亡くなった。77歳。
 現役時代は東映の中心投手の一人として活躍、引退後は数度監督に就任したが、5位もしくは最下位と成績は全くふるわなかった。
 その後、解説者を務める一方、強面の独特の風貌を買われてか、『とんねるずのみなさんのおかげです』など、バラエティ番組にも出演した。
 深く、深く黙祷。
 

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック