2013年08月10日

長崎への原爆投下から68年(深夜のCLACLA)

 アメリカ政府による長崎市への原子爆弾投下から68年が経った。
 犠牲となった全ての方々へ、深く、深く、深く、深く、深く黙祷。
 そして、ノーモア・ヒロシマ、ノーモア・ナガサキ、ノーモア・フクシマ。

 平和記念式典の被爆者代表・築城昭平さんの平和への誓いに心を動かされた。
 言うべきことを言っておかなければという強い意志が示されていたと思う。
 僕自身も、為せることを為していかなければ。


 昨夜、KBSラジオでナインティナインのオールナイトニッポンを聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 山田一雄指揮旧日本フィルが演奏したチャイコフスキーの交響曲第5番&プロコフィエフの交響曲第7番<タワーレコード>、アルテミス・カルテットが演奏したベートーヴェンの弦楽4重奏曲第11番「セリオーソ」&第7番「ラズモフスキー第1番」<Virgin>、クリ―ヴランド・カルテットが演奏した同じくベートーヴェンの弦楽4重奏曲第13番&大フーガ<TELARC>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 19時過ぎに外出し、下京図書館へ。
 西條奈加の『無花果の実のなるころに』<東京創元社>、間宮緑の『塔の中の女』<講談社>、翔田寛の『築地ファントムホテル』<同>、朝井まかての『先生のお庭番』<徳間書店>、隼見果南の『うつぶし』<筑摩書房>を返却し、予約しておいた田口ランディの『蛇と月と蛙』<朝日新聞出版>、白石一文の『幻影の星』<文藝春秋>、高橋陽子の『黄金の庭』<集英社>、櫛水理宇の『赤と白』<同>を新たに借りる。

 その後、すぐ近くのKAIKAに移動し、劇団しようよのこの胸いっぱいの朗読劇『アンネの日記だけでは』を観る。
 詳しくは、前回の記事(観劇記録)をご参照のほど。

 開演前終演後、関係各氏と話しをしたり、あいさつをしたりする。

 その後、買い物をすませて、22時50分近くに帰宅した。


 帰宅後、山田一雄指揮新日本フィルが演奏したモーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」他<フォンテック>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、観劇記録の準備を行ったりする。


 以上、8月9日の日記。


 今日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック