2013年07月08日

暑さがとてつもなく厳しい一日 病院と図書館へ行った(CLACLA日記)

 どんよりとした感じはありつつも、晴天が続く。
 いいお天気、いい青空の一日。

 気温は今日も上昇し、暑さがとてつもなく厳しい。
 暑い暑い暑い暑い暑い!
 皆さん、くれぐれも熱中症にはお気をつけくださいね。


 昨夜、4時半少し前まで仕事関係の作業を進める。
 途中ラジオ深夜便で、水谷八重子が平岩弓枝作品の独り語りをやっているのを聴く。
 まさしく新派だ!
 そういえば、良重時代の水谷八重子はジャズシンガーだったんだよなあ。


 朝早めに起きて雑件を片づけ、かかりつけの病院へ。
 血液検査のための採血を行い、四条通のスギ薬局で薬を受け取る。

 その後、ちょっとした買い物をすませたのち下京図書館へ。
 中島京子の『のろのろ歩け』<文藝春秋>と馬場マコトの『従軍慰問歌謡団』<白水社>を返却し、予約しておいた朝倉喬司の『活劇日本共産党』<毎日新聞社>、横田増生の『評伝ナンシー関』<朝日新聞出版>、杉山祐之の『覇王と革命』<白水社>を新たに借りる。


 一月近く悩まされてきた近所の解体作業だが、ようやく片がついてきたようだ。


 パルナッシ・ムジチが演奏したドメニコ・ガッロの12のトリオ・ソナタ集<CPO>、フォルテピアノのロバート・レヴィン、ヴァイオリンのヴェラ・ベス、チェロのアンナー・ビルスマが演奏したハイドンのピアノ3重奏曲集<SONY>、フォルテピアノのメルヴィン・タン他が演奏した『サロン・コンサート』<EMI>、ロジャー・ノリントン指揮ロンドン・クラシカル・プレイヤーズが演奏したメンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」&第3番「スコットランド」<同>を聴く。
 『サロン・コンサート』は、19世紀初頭のサロン・コンサートを模したアルバムで、タンが演奏するメンデルスゾーンの無言歌などのほか、ホルンのミシェル・ガルサン=モロウとのベートーヴェンのホルン・ソナタ、フルートのコンラード・ヒュンテラーとのシューベルトの『しぼめる花』による序奏と変奏曲、クラリネットのエリック・ホープリチとのウェーバーのグラン・デュオ・コンチェルトが収められている。


 仕事関係の作業を進めたり、大田英昭の『日本社会民主主義の形成』<日本評論社>を読み進めたりする。


 夕方になって再び外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 夕飯後、NHKラジオ第1の『DJ日本史』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『日本社会民主主義の形成』を読み進めたりする。
 『DJ日本史』では、『日本史食堂』と題して、歴史上有名な人物と食との関係が語られていた。


 今日は、オイシス(ローソン)のショコラ・エクレールを食す。
 壬生のローソンストア100で、50円引きだったもの。
 チョコレートクリーム入りのエクレアで、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック