2013年06月10日

下京図書館へ行った(CLACLA日記)

 晴天からどんよりとしたお天気へ。
 ああ、ついに雨降りか。
 どうやら台風も接近しているらしいし。

 気温は今日も上昇し、蒸し暑い一日となる。
 暑い暑い。


 4時半ころまで仕事関係の作業を進め、起きたのは11時半を過ぎてから。
 この間何度か目が醒めたのだけれど、ついに起きるまでには至らなかった。
 ああ…。


 近所で家屋の解体作業が始まる。
 なんともかまびすし。


 モッツァフィアートが演奏したベートーヴェンの管楽アンサンブルのための作品集<SONY>、ブルーノ・ヴァイル指揮カペラ・コロニエンシス他が演奏したウェーバーの歌劇『アブ・ハッサン』全曲&交響曲第1番<ドイツ・ハルモニアムンディ>を聴く。
 ウェーバーの『アブ・ハッサン』は、歌に語りのついた「ジングシュピール(ドイツの歌芝居)」で、モーツァルトの『魔法の笛』っぽい音楽の箇所があるのも面白い。
 ピリオド楽器のオーケストラとピリオド・スタイルを意識した独唱者による演奏で、これはなかなかの聴きものではないか。


 仕事関係の作業を進めたり、笑の内閣の観劇記録や昨日の日記をブログに投稿したりする。


 西澤保彦の『赤い糸の呻き』<東京創元社>を読了する。
 作品の持つ雰囲気は好みなのだけれど、物語の展開や文章にどこか粗さを感じる。
 例えば、若竹七海の作品の持つ細やかさに欠けるあたりというか。
 まあ、僕はミステリ小説の「ミステリ」ではなく、「小説」の部分に興味があるということも大きいのだろうが。


 夕方になって外出し、仕事関係の用件を片づけたのち、下京図書館へ。
 『赤い糸の呻き』、西川美和の『映画にまつわるxについて』<実業之日本社>、横溝亮一の『クラシックの愉しみ』<角川書店>を返却し、予約しておいた松浦寿輝の『不可能』<講談社>、駒村吉重の『君は隅田川に消えたのか』<同>、北尾トロの『中野さぼてん学生寮』<朝日新聞出版>、北村薫の『読まずにはいられない』<新潮社>を新たに借りる。

 その後、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、パーヴォ・ヤルヴィ指揮hr(フランクフルト放送)交響楽団の来日公演のライヴ録音を聴く。
 アリス紗良オットの独奏によるリストのピアノ協奏曲第1番、マーラーの交響曲第5番が演奏されていた。


 続けて、NHKラジオ第1の『DJ日本史』を聴く。
 「私の愛するバカ息子たち」のタイトルで、織田信雄や今川氏真といった人々がとり上げられていたが、彼らをただのバカ息子と断じるのではなく、家を守って次につなげたバントに秀でた二番バッターではなかったかと考察していた点が面白かった。
 松ちゃん(松村邦洋)が、津川雅彦、西田敏行、ビートたけしら十八番の物真似を披露していたのも嬉しい。
 ぜひ今度は松村達雄をお願いします。


 続けて、ウテ・レンパーがジョン・マウチェリー指揮RIASシンフォニエッタ・ベルリンの伴奏でクルト・ヴァイルのヒット・ナンバーを歌ったアルバムの第2集『ウテ・レンパー・シングス・クルト・ヴァイルVol.2』<DECCA>を聴く。
 『I WISH IT SO』に収められたドーン・アップショウの「マイ・シップ」の、ディズニーばりのファンタジックでドリーミングな歌唱と、ウテ・レンパーとのそれとのなんたる違い!
 でも、僕はそのどちらも好きなのである。
 それにしても、レンパーの歌を耳にすると、どうしても夏木マリのことを思い出してしまうなあ。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、1万円の使い道の6月後半分について考えたり、松浦寿輝の『不可能』<講談社>を読み進めたりする。
 『不可能』は、もしあのときに三島由紀夫が死ぬことなく今生きていたとしたら、という仮定から生み出された連作集だ。
 実に面白し。


 今日は、ローソン・バリューラインのチョコビスを食す。
 壬生のローソンストア100で購入したもの。
 チョコレートでコーティングしたさくさくとした食感の小ぶりなビスケットで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 作家で精神科医のなだいなだが亡くなった。83歳。
 深く、深く、深く黙祷。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
figaroさんこんばんは!こちらはお久しぶりです!

ちょっと前ですが、
6月8日のNHKテレビ『土曜スタジオパーク』に松村邦洋さんが出てるのを見てました。
ちょうど『DJ日本史』の宣伝で来たようで、
そこでも津川雅彦や西田敏行、ビートたけしの物まねをしていて大爆笑しちゃいました。
彼の「日本史への並々ならぬ興味」がうかがい知れて、
『DJ日本史』面白そうだな〜と想っていたところです。

ところで、自転車で転倒、とのことですが、お怪我などはありませんでしょうか・・?

Posted by calicia at 2013年06月12日 23:31
 こちらこそ、お久しぶりです!
 コメント、ありがとうございます!!

 あっ、松ちゃん、テレビでもやってたんですね。
 『葵三代』の家康=津川雅彦、秀忠=西田敏行の物真似は秀逸ですからね。
 それに、ビートたけしまで。
 テレビがないのが辛いです。

 松ちゃんの大河好き、日本史好きパワーがさく裂する『DJ日本史』は、お薦めです(笑)

 ご心配おかけして申し訳ありません。
 かすり傷程度だったのですが、膝の打ったところが少し痛いです。
 重々気をつけます。
Posted by figaro at 2013年06月13日 22:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック